2018/1/20 15:55

【独占記事】ジェシカ・チャステインとオクタヴィア・スペンサー、コメディ映画で再び共演へ

ジェシカ・チャステインとオクタヴィア・スペンサーが、新作映画で再びチームを組む。

映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』で共演した2人は、米ユニバーサル・ピクチャーズによるクリスマスシーズン向けのコメディ映画で主人公を演じる。

激しい入札合戦を経て、ユニバーサルがチャステイン率いるフレックル・フィルムズによるタイトル未定の同作品の権利を獲得した。

チャステインとケリー・カーマイケルが原案を手掛け、映画『Crazy Rich Asians(原題)』の脚本家ピーター・チアレッリが脚本を執筆する。チャステインが、自身が率いるフレックル・フィルムズとメイヴェン・ピクチャーズと共にプロデュースを手掛ける。カーマイケル、セリーヌ・ラトレイ、トルーディ・スタイラーもプロデュースを手掛ける。

ユニバーサルは、入札で米FOXと米パラマウントに競り勝った。同作は、2人の女性がクリスマスに帰郷するために奮闘するストーリーだ。

製作部門エグゼクティヴVPのエリック・バイアーズとクリエイティブ・エグゼクティヴのミカ・プライスが、ユニバーサルの監修を担う。

チャステインとスペンサーは、ヒット映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』で共にアカデミー賞にノミネートされ、スペンサーは助演女優賞を獲得した。以降、Aリストの2人は躍進の力を緩めず、2人とも再びアカデミー賞にノミネートされた(チャステインは2012年の映画『ゼロ・ダーク・サーティ』、スペンサーは2016年の映画『ドリーム』)。

2人にとって今年の賞レースも例外ではなく、アーロン・ソーキン監督のポーカー・ドラマ映画『モリーズ・ゲーム』、ギレルモ・デル・トロ監督の冷戦時代のおとぎ話映画『シェイプ・オブ・ウォーター』の出演で高い評価を得ている。

チアレッリは、ヒットしたロマンティック・コメディ映画『あなたは私の婿になる』の脚本を手掛けたことで知られている。また、今年後半に米劇場公開が予定されている最新作映画『Crazy Rich Asians(原題)』の脚本も手掛ける。チアレッリは、UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)、モザイク、モリス・ヨーン・バーンズ・レヴァイン・クリンツマン・ルーベンスタイン・コーナー&ゲルマンと代理人契約を結んでいる。

チャステインは、CAA(クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー)、モザイク、ハンセン・ヤコブセン・テラー・ホバーマン・ニューマン・ウォーレン・リッチマン・ラッシュ・ケラー&ゲルアンと代理人契約を結んでいる。次回作には、映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』が控えている。

スペンサーは、インディーズ映画『A Kid Like Jake(原題)』の製作を最近終えたところだ。スペンサーは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)、ジャコウェイ・タイアーマン・ヴェルテマー・オーステン・マンデルバウム・モリス&クレインと代理人契約を結んでいる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1イ・チャンドン監督、村上春樹の小説『納屋を焼く』の映画版を監督へリンク
  • 2マーク・ハミル、「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」の星に名を刻む...リンク
  • 3映画『ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』続編、アードマン...リンク
  • 4“爆音上映”は映画館離れを救済できるのか?リンク
  • 5【動画】映画『ボーダーライン』の続編映画『Sicario 2: Sol...リンク