2018/1/13 10:33

小説『エノーラ・ホームズの事件簿』を映画化、主演はミリー・ボビー・ブラウン

Millie Bobby Brown Enola Holmes

小説『エノーラ・ホームズの事件簿』シリーズ(ナンシー・スプリンガー著)を原作とする映画シリーズに、TVドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のミリー・ボビー・ブラウンが主演する。製作はレジェンダリー・エンターテインメント。

ブラウンは自身が率いるPCMAプロダクションズの名義でプロデュースにも参加する。

『エノーラ・ホームズの事件簿』シリーズは2006年に小説『エノーラ・ホームズの事件簿―消えた公爵家の子息 』が上梓され、これまでに6作が出版されている。シャーロック・ホームズとマイクロフト・ホームズの歳の離れた妹、エノーラ・ホームズがミステリーな事件に挑む。

アレックス・ガルシアとアリ・メンデスが、レジェンダリーの下でプロジェクトを監督する。

ブラウンは米Netflixのテレビドラマシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のイレブン役で人気を博し、エミー賞にノミネートされた。レジェンダリーは即座に、彼女を映画『Godzilla: King of Monsters(原題)』に起用した。これは、彼女にとって初の主役級の仕事であり、同スタジオは続けてこの若手女優のために新しいプロジェクトを探していた。

ブラウンの姿は『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のシーズン2でも見られ、次の出演作は同シリーズのシーズン3になると思われる。このSFホラーシリーズはNetflixで大ヒットし、全米映画俳優組合賞(SAG)のドラマ部門のアンサンブル賞を受賞。SAGはブラウンを助演女優のカテゴリにもノミネートした。

ブラウンの代理人はWME。このニュースはデッドライン・ハリウッドが最初に報じた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【独占記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』の俳優ロバート・アラマヨ、映画...リンク
  • 2『ズートピア』レビュー(5/5点)【ひろゆき】リンク
  • 3『デッドプール2』、ファイナルトレーラーでDCユニバースをいじるリンク
  • 4『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』(5/5点)【ひろゆき】リンク
  • 5ピーターラビットが大暴れ、実写/アニメーション映画『Peter Rab...リンク