2018/1/10 15:42

ジェニファー・ローレンス、映画『レッド・スパロー』のトレーラーで凶悪なスパイを演じる

ジェニファー・ローレンスが冷淡なスパイを演じる映画『レッド・スパロー』のトレーラーで、数々の殺人が実行される。

米20世紀FOXは、1月7日(現地時間)のゴールデングローブ賞授賞式の合間での放送に続き、翌日、トレーラーを公開した。ローレンスは母親の治療のため、ロシアのインテリジェンス・プログラムに強制的に参加させられていたロシア人の元バレリーナを演じる。

「彼らは私に選ばせた。死か、スパローになるか」(ローレンス)。

トレーラーではローレンスが若い女性達と訓練を受けている映像が流れ、シャーロット・ランプリング演じる役は「あなた方は今日からスパローになります。世界的な権力闘争を勝ち抜くための武器となるのです」と述べた。

続いて、ローレンスが変装姿で複数の殺人を犯す。また、ダブル・エージェントになるように説得するCIAのエージェント(ジョエル・エドガートン)と関係を持ち始める。エドガートンは「奴らは君を離さないだろう」と言うが、ローレンスは「方法を見つける」と冷静に答える。

マティアス・スーナールツ、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・アイアンズ、キアラン・ハインズ、ジョエリー・リチャードソンらも出演する。ローレンスは、映画『ハンガー・ゲーム』の最後の3作品を手掛けたフランシス・ローレンス監督と、同作で再びチームを組む。

『レッド・スパロー』は11月10日(現地時間)に米劇場公開が予定されていたが、3月2日(現地時間)に繰り上がった。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【独占記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』の俳優ロバート・アラマヨ、映画...リンク
  • 2『ズートピア』レビュー(5/5点)【ひろゆき】リンク
  • 3『デッドプール2』、ファイナルトレーラーでDCユニバースをいじるリンク
  • 4『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』(5/5点)【ひろゆき】リンク
  • 5ピーターラビットが大暴れ、実写/アニメーション映画『Peter Rab...リンク