2018/1/2 08:05

ビリー・ロード、亡き母キャリー・フィッシャーの1周忌を追悼『永遠に愛している』

ビリー・ロードは、オーロラ鑑賞の旅で亡き母キャリー・フィッシャーを追悼した。

ロードは、「私の母はオーロラを見たがっていたけれど、一緒に見に行くことはできませんでした」「北ノルウェー来れば、もしかしたら天国が黒っぽいスカートを持ち上げて、輝くその中をアイリスを越えて見せるところが見られるのではないかと思いました。そして見ることが出来ました」と、フィッシャーの1周忌にあたる12月27日にインスタグラムに投稿した。

ロードの父親ブライアン・ロードと緑に輝くオーロラの写真と共に、「あなたを永遠に愛している」と、コメントした。

フィッシャーは、2016年12月に心不全のため60歳で亡くなった。フィッシャーの最後の出演作は映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で、ロードも脇役で出演した。

12月初めの映画の公開日にロードは、ソーシャルメディアで亡き母へ絵文字で「あなたが恋しい」と表し、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のプレミア上映会の2人の写真を投稿した。

友人とファンは、27日にソーシャルメディアでハッシュタグ#CarrieOnForever(#キャリーは永遠)を用いてフィッシャーに敬意を表した。映画『スター・ウォーズ』で兄弟を演じたマーク・ハミルはTwitterに、「キャリーは私たちの中で生きている」と、投稿した。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1『ズートピア』レビュー(5/5点)【ひろゆき】リンク
  • 2テレビシリーズ『13の理由』のロス・バトラー、DCコミックス映画『Sh...リンク
  • 3映画『デッドプール』続編、ドミノが登場するファースト・ルックをライアン...リンク
  • 4【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 5映画『Creed2(原題)』、フローリアン・ムンテアヌがドラゴの息子役...リンク