2017/12/8 11:22

『リトル・マーメイド/人魚姫』の実写版、ロブ・マーシャル監督にオファー

米ウォルト・ディズニーは、1989年に大ヒットしたアニメ映画『リトル・マーメイド/人魚姫』の実写版の監督を、ロブ・マーシャルにオファーした。

昨年、ディズニーはリン=マヌエル・ミランダとアラン・メンケンをオリジナル音楽の作曲家に指名した。ミランダはマーク・プラットと共にプロデュースを手掛ける。脚本はジェーン・ゴールドマン。

オリジナル版は、人魚姫のプリンセスが地上の人間のプリンスに会おうとするストーリー。メンケンは、楽曲『アンダー・ザ・シー』、楽曲『パート・オブ・ユア・ワールド』、楽曲『キス・ザ・ガール』などを作曲した。

マーシャルが契約を結べば、2011年の映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』、2014年の映画『イントゥ・ザ・ウッズ』、映画『Mary Poppins Returns(原題)』に続き、彼にとって4作目のディズニー作品となる。『Mary Poppins Returns(原題)』にはエミリー・モーティマー、エミリー・ブラント、コリン・ファース、メリル・ストリープ、ミランダ、アンジェラ・ランズベリー、ディック・ヴァン・ダイクらが出演する。本作は、ジュリー・アンドリュースが演じた1964年の作品の続編で、2018年12月25日に米劇場公開する。

ディズニーは、昨年公開した映画『ジャングル・ブック』や、2017年に米国内で最高収益を記録した映画『美女と野獣』など、実績のあるアニメ作品を実写化して成功してきた。

マーシャルは、映画『シカゴ』でアカデミー監督賞にノミネートされた。ディズニーはマーシャルへのオファーについてコメントしていない。このニュースはデッドライン・ハリウッドが最初に報じた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1パトリック・スチュワート、『スター・トレック』は人生に最も大きな影響を...リンク
  • 2【動画】クリント・イーストウッド監督の最新作映画『15時17分、パリ行...リンク
  • 3絶対に見るべきジョニー・デップの出演作10選リンク
  • 4【独占記事】クリント・イーストウッド監督、映画『The 15:17 t...リンク
  • 5ロビン・ウィリアムズの魂を継承するドウェイン・ジョンソン主演のリブート...リンク