2017/12/8 15:12

映画版『アー・ユー・アフレイド・オブ・ザ・ダーク?』、2019年10月に公開へ

米パラマウント・ピクチャーズは、ニコロデオンによるテレビシリーズ『アー・ユー・アフレイド・オブ・ザ・ダーク?』の映画版『Are You Afraid of the Dark?(原題)』の米劇場公開日をハロウィンシーズンの2019年10月11日に設定した。

映画版は、11月に公開された映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の脚本家ゲイリー・ドーベルマンが脚本を手掛け、マット・カプランがドーベルマンと共にプロデュースを手掛ける。

テレビシリーズ『アー・ユー・アフレイド・オブ・ザ・ダーク?』は、D・J・マクヘイルとネッド・カンネルが手掛け、アンソロジー版としてニコロデオンが1992年から1996年にかけて放送した。自らをミッドナイト・ソサエティーと呼ぶ10代のグループが、毎週森にある秘密の場所で怖い話をするために集まるストーリーだ。同シリーズは、1999年に新しい脚本家とショーランナー(番組責任者)によって2シーズンがリバイバル化された。

各エピソードは、ストーリーテラーの語りによる「ミッドナイト・ソサエティの決裁を仰ぐ」で始まり、その後にタイトルが登場する。マクヘイルは、この方法はテレビシリーズ『トワイライト・ゾーン』でクリエイターのロッド・サーリングがエピソードの始まりに語った「決済を仰ぐ」へのトリビュートだと語った。

ドーベルマンは『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』でチェイス・パーマー、キャリー・フクナガと共に脚本を執筆し、続編映画『It: Chapter 2』でジェフリー・ジャーゲンセンと共に再び脚本を手掛ける予定だ。また、映画『死霊館』、映画『アナベル 死霊館の人形』シリーズも手掛けた。

『Are You Afraid of the Dark?(原題)』の米劇場公開日には、米ワーナー・ブラザースによるドラマ映画『The Goldfinch(原題)』が公開されることが発表されている。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1パトリック・スチュワート、『スター・トレック』は人生に最も大きな影響を...リンク
  • 2【動画】クリント・イーストウッド監督の最新作映画『15時17分、パリ行...リンク
  • 3絶対に見るべきジョニー・デップの出演作10選リンク
  • 4【独占記事】クリント・イーストウッド監督、映画『The 15:17 t...リンク
  • 5ロビン・ウィリアムズの魂を継承するドウェイン・ジョンソン主演のリブート...リンク