2017/11/30 09:59

『The Foreigner』レビュー(4/5点)【ひろゆき】

こんにちは。予告編を見てしまうと、ストーリーがだいたいわかってしまうので、なるべく予告編を見ないで映画を見たほうが楽しめると思ってるひろゆきです。

とはいえ、お金を払ってみるべき映画かどうか判断するのは重要なので、予告編を見る人は多いと思いますが、予告編が面白そうな映画はだいたい面白いです。
逆に、予告編が面白くなさそうだけど、映画は面白かったという作品はそんなになかったりします。

予告編というのは、2時間ぐらいの映画本編の中で、「これを見たら面白そうでしょ?」と制作陣が感じる映像を90秒ぐらいに出来るだけ詰め込むわけです。

というわけで、ジャッキー・チェンとピアース・ブロスナンが共演する『The Foreigner』です。

逆に、たった90秒の中で、面白くないシーンが入ってる予告編というのは2パターンに分けられます。

・面白いシーンがほとんどないので90秒持たないパターン。(予算)
低予算な映画にありがちなパターンです。
見せ場自体が少ない映画の予告編で起こりがちです。

低予算感あふれるホラー映画の『forgotten silver』ですけど、最初に出てくる監督はロード・オブ・ザ・リングシリーズの監督・脚本、第9地区の製作などをやってるピーター・ジャクソンです。

『forgotten silver』

・作ってる人が面白いと思い込んでるパターン。(センス)
作ってる人の中では面白いと思ってるのでしょうが、まったく面白くないシーンが入ってる場合です。
このパターンの場合は、人によっては面白いと感じる人もいるので、人を選ぶ映画ということですね。
例えば、演技の微妙なアイドルが「これでもか!」と出てくるわけですが、そのアイドルに興味がないと、何も魅力が感じられないです。
または、アーティスティックな映像が流れてるだけで、何が面白いのかよくわからないとかとか。

低予算が原因なら、予算を与えるとピーター・ジャクソンのように活躍する監督がいますが、センスが問題だとすると製作陣を入れ替えるほうが早いんじゃないかと思ったりします。

というわけで、『The Foreigner』に話が戻りますが、出演作のほとんどに「笑い」の要素を入れてくるジャッキー・チェンが、ずっとシリアスな役柄を演じているのと、バスのシーンの”冴えないおっさん感”がいろいろ物語を背負ってる雰囲気を醸し出していてよいです。
本編を説明するとネタバレになってしまうので、興味がちょっとでもある人は劇場で楽しんでみてください。

『The Foreigner』
http://theforeignermovie.com/
★★★★☆ 4点

以下、評価基準の説明です。

評価が高くなるポイント
・記憶に残るシーンがある
・いい意味で予想を裏切られる
・感想を人に話したくなったり、他人の感想が見たくなる

映画の評価は、「蕎麦とうどん、どっちが好きか?」みたいなものなので完全に個人の趣向です。

脚本の面白い映画が好きで、恋愛映画とか面白くないと感じるおいらなので、恋愛映画好きな人は評価はアテにしないほうがいいと思います。おいらの評価が高かったとしても、つまらないと感じる映画もあるでしょうし、逆も然りです。また、レビューはあんまり内容に触れないようにしています。

予告編を見ちゃって、ある程度内容がわかっちゃうと映画の面白さが減ってしまうと考えている派なので、おいらの趣向を信じて、時間とチケット代に投資できる人向けです。。。

5点:お勧めTOP100映画
4点:人によって面白く感じなくても、どこが面白いのか説得出来る映画。
3点:人によって評価が分かれる映画。
2点:面白くないか失望した映画。
1点:いまだ現れず


  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1パトリック・スチュワート、『スター・トレック』は人生に最も大きな影響を...リンク
  • 2【動画】クリント・イーストウッド監督の最新作映画『15時17分、パリ行...リンク
  • 3絶対に見るべきジョニー・デップの出演作10選リンク
  • 4【独占記事】クリント・イーストウッド監督、映画『The 15:17 t...リンク
  • 5ロビン・ウィリアムズの魂を継承するドウェイン・ジョンソン主演のリブート...リンク