2017/12/1 15:30

【動画】マーゴット・ロビー、ハーレイ・クイン役に出演契約した理由を明かす

ジェイク・ギレンホールは、映画『オクジャ/okja』で演じた滑稽なジョニー博士と、映画『スーサイド・スクワッド』でマーゴット・ロビーが演じた悪役ハーレイ・クイン役を比較した。

ギレンホークは、「もしジョニー博士とハーレイ・クインが会っていたらと想像できますか?」と尋ね、「多分同じパンツを履いていたでしょうね」と、続けた。

ロビーは、「私の衣装を盗んだのでしょう?そうなると分かっていました。ちゃんと自分の衣装を着てください」と、ジョークを飛ばした。

ロビーがギレンホークに自身が性格俳優だと思うかを尋ねると、役に対して観客が賛否両論の反応をすることが「居たい立ち位置」だと答えた。

ギレンホークは、「韓国での撮影でずっと奇妙な衣装を着ていたので、ニューヨークで奇妙な衣装で歩いていた時のことです。歩いていると皆が、パパラッチがいるから撮られますよという反応でした。それはまさに私がいつもカメラマンの前でそうしたいと思っていたことでした。自身のためにも他人のためにも、自分をさらけ出したいと思ったのです」と、語った。

ロビーは、2018年にジョーカーのクレイジーなガールフレンド、ハーレイ・クイン役を再び演じると明かし、クインやこれまでに演じた役は自分自身と同じではないので好きだと語った。

ロビーは、「皆が私のことを知りたいと思うのは奇妙です。私が演じる役は私自身ではないのですから。私を知りたいって?私は退屈な人間です。演じたキャラクター達はとても素晴らしいので、彼らに聞くのがいいでしょう」と、語った。

また、「ハーレイは最も奇妙な役のひとりですが、皆が彼女のことを好きなようですで、この役をずっと演じられることを願っています」と、続けた。

ロビーは、2人にはデヴィッド・エアー監督と一緒に仕事をした共通点があると指摘し、エアーが監督を務めギレンホークが出演した映画『エンド・オブ・ウォッチ』がお気に入りの映画だと語った。

ロビーは、「『スーサイド・スクワッド』に出演契約した理由は、『エンド・オブ・ウォッチ』が大好きだからです。これまでに映画館で4回観ました」と、明かした。

Google Homeによる本紙ヴァラエティのシリーズ番組『Actors on Actors(原題)』のシーズン7は、2018年1月2日から4日の午後7時にPBS SoCal KOCEにて放送される。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1パトリック・スチュワート、『スター・トレック』は人生に最も大きな影響を...リンク
  • 2【動画】クリント・イーストウッド監督の最新作映画『15時17分、パリ行...リンク
  • 3絶対に見るべきジョニー・デップの出演作10選リンク
  • 4【独占記事】クリント・イーストウッド監督、映画『The 15:17 t...リンク
  • 5ロビン・ウィリアムズの魂を継承するドウェイン・ジョンソン主演のリブート...リンク