2017/11/28 08:47

大物プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン、性的暴行容疑で民事訴訟

ある女性が、英国でハーヴェイ・ワインスタインに対する民事訴訟を起こし、ワインスタインによる一連の性的暴行に対する賠償を求めている。

女性は「人身傷害とその費用、および派生的損害」を主張している。賠償総額は30万ポンド、約40万ドルを超える可能性がある。さらにワインスタイン本人に加え、米国のザ・ワインスタイン・カンパニーとその英国拠点の双方に雇用者としての責任を負うべきだと主張している。

現時点では、この女性の身元は明かされていない。しかし、女性の弁護人を務めるジル・グリーンフィールドが以前ガーディアン紙に述べた内容によると、女性はかつてエンターテイメント業界で働いていた人物で、2000年に起きたワインスタインによる暴行容疑によってトラウマを抱えているという。

弁護人は、暴行容疑から長い年月が経過しているため、女性から依頼を受けて1ヶ月以内に英国の高等裁判所に提訴しなければならなかったとコメントし、女性が刑事告訴を行う予定であると述べた。

ロンドン警視庁は、既にカグヤク作戦というコードネームでワインスタインによる約10件の暴行容疑に対する捜査を始めている。ワインスタインは、合意の無い性行為に関するすべての告発を否定している。

英国の議員らは、ワインスタインの芸術への貢献に対してエリザベス2世が授与した名誉称号を剥奪することも検討している。


タグ:
  • 元記事著者:Henry Chu
  • 翻訳者:Yuka Ueki
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1パトリック・スチュワート、『スター・トレック』は人生に最も大きな影響を...リンク
  • 2【動画】クリント・イーストウッド監督の最新作映画『15時17分、パリ行...リンク
  • 3絶対に見るべきジョニー・デップの出演作10選リンク
  • 4【独占記事】クリント・イーストウッド監督、映画『The 15:17 t...リンク
  • 5ロビン・ウィリアムズの魂を継承するドウェイン・ジョンソン主演のリブート...リンク