2017/11/20 11:28

アクション・スリラー映画『Boss Level(原題)』、メル・ギブソンとフランク・グリロが出演交渉中

メル・ギブソンとフランク・グリロが、インディペンデント系アクション・スリラー映画『Boss Level(原題)』に出演交渉中だ。同作は、ジョー・カーナハンが自身の脚本をもとに監督を務める。

グリロは、毎日のように死を迎える無限ループに陥る特殊部隊の元軍人を演じる予定だ。

同作はエメット/ファーラ/オアシスが出資し、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ・アンド・マーク・バーレーディアンとランドール・エメット・アンド・ジョージ・ファーラがプロデュースする。エメット/ファーラ/オアシス、ディ・ボナヴェンチュラ・ピクチャーズ、カーナハン・アンド・グリロズ・ワー・パーティー、スコット・フリーが製作を手掛ける。

ギブソンの直近の作品は、米パラマウントによる映画『Daddy’s Home 2(原題)』で、マーク・ウォールバーグの父親役を演じる。ギブソンは、映画『ハクソー・リッジ』で今年のアカデミー賞監督賞にノミネートされ、1995年の映画『ブレイブハート』でアカデミー賞監督賞を獲得して以来3度目となる。また、刑事スリラー映画『Dragged Across Concrete(原題)』でヴィンス・ヴォーンと共演し、アイルランドの歴史ドラマ映画『The Professor and the Madman(原題)』では、19世紀のオックスフォード英語辞典の最初の編集者ジェームズ・マレーを演じた。

グリロは、映画『パージ:アナーキー』、映画『パージ:大統領令』、中国で大ヒットした映画『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』に出演した。カーナハンが手掛けた作品には、映画『THE GREY 凍える太陽』、映画『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』、映画『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』、映画『NARC ナーク』がある。

ギブソンはCAA(クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー)、グリロはCAAとマネジメント360、カーナハンはCAAと代理人契約を結んでいる。このニュースはDeadline Hollywoodが最初に報じた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1パトリック・スチュワート、『スター・トレック』は人生に最も大きな影響を...リンク
  • 2【動画】クリント・イーストウッド監督の最新作映画『15時17分、パリ行...リンク
  • 3絶対に見るべきジョニー・デップの出演作10選リンク
  • 4【独占記事】クリント・イーストウッド監督、映画『The 15:17 t...リンク
  • 5ロビン・ウィリアムズの魂を継承するドウェイン・ジョンソン主演のリブート...リンク