2017/11/16 10:44

ゼンデイヤ、自身がリース・ウィザースプーンと共同プロデュースする映画に主演へ

ゼンデイヤは、自身がプロデュースする新作スリラー映画『A White Lie(原題)』でアフリカ系米国人で初めて名門私立のヴァッサー大学を卒業した女性を演じる。

本作品はカリン・タナベの著作『The Gilded Years(原題)』をベースとし、アニタ・ヘミングスという実在の女性を描く。ヘミングスはアフリカ系米国人だったが、肌の色が明るかったため、1980年代に白人としてヴァッサー大学に通った。ヘミングスはハーバード大学の裕福な学生と恋をし、豊かで教育を受けた白人女性として扱われ、エリートの世界に魅了されていく。

モニカ・ベレッツキーが脚本を執筆する。ゼンデイヤはリース・ウィザースプーンとその製作会社ハロー・サンシャインのパートナーであるローレン・ノイシュテッターらと共にプロデュースを手がける。

ゼンデイヤは最近、米ソニー・ピクチャーズの映画『スパイダーマン:ホームカミング』でトム・ホランドと共演した。また、今後公開を控える米20世紀FOXの映画『The Greatest Showman(原題)』でブランコ曲芸師のアン・ウィーラー役を演じ、ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロンらと共演する。ゼンデイヤは2010年に米ディズニーチャンネルで放送されたシチュエーション・コメディ番組『シェキラ!』で俳優としてのキャリアをスタートさせた。その後、同チャンネルのオリジナル映画『ゾーイの秘密アプリ』に出演し、さらにTV番組『ティーン・スパイ K.C.』シリーズで主演を獲得した。同シリーズは、2016年にシーズン3に向けてリニューアルされた。

本ニュースはDeadline Hollywoodが最初に報じた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【動画】映画『クリード2』の初トレーラー、マイケル・B・ジョーダンが歴...リンク
  • 2【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 3ジョージ・クルーニー、SFスリラー映画『Echo(原題)』の監督交渉中...リンク
  • 4映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』の新トレーラー公開、ディズニーの...リンク
  • 5【写真】第88回アカデミー賞:候補者ポートレートリンク