2017/11/13 17:45

【動画】『ストレンジャー・シングス』の子役たち、ジェームズ・コーデンとモータウン・メドレーを披露


Netflixのドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』は、キャッチーなシンセサウンドとノスタルジックな80年代メロディーのおかげで大ヒットした。しかし、この若きスターたちが、モータウン・サウンドのメドレーで視聴者を釘付けにするとは、誰も予想していなかっただろう。

CBSの人気トーク番組『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』に出演したフィン・ウォルフハード、ゲイテン・マタラッツォ、ケイレブ・マクロクリン、ノア・シュナップの4人は、番組のモキュメンタリー(ドキュメンタリーをもじった映画のこと)で、自分たちがテレビ番組のスターである前にジェームズ・コーデンと共に『ザ・アップサイド・ダウンズ』という名の、モータウンのカバーバンドの一員であることを明かした。この寸劇は、5人組がジャクソン5の『帰ってほしいの(原題: I Want You Back)』、テンプテーションズの『マイ・ガール』、フォー・トップスの『リーチ・アウト・アイル・ビー・ゼア』のメドレー・パフォーマンスを披露して締めくくられた。

劇中で、メンバーはバンドの歴史を詳しく述べた。ウォルフハードは「ジェームズが大人なのに僕たちとつるんでいるのが奇妙だと感じる人もいたけど、実際、僕たちは一緒に学校に通いました」と語り、「彼は何年か留年していて、僕たちと同学年でした」と続けた。その後、バンドは番組のオーディションに彼らを招待したNetflix幹部の目に留まる。マクロクリンはバンドについて「これまでで最も創造的に成し遂げた仕事」だと語ったが、「スーツを着てデスクに座り、人生を浪費しただけ」のコーデンを除き、少年たちはそれぞれの役を演じ切った。

また、同じく『ストレンジャー・シングス』で超能力者のイレブン役を演じるミリー・ボビー・ブラウンは、最近、テレビ番組『ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン』に出演し、得意のラップで『ストレンジャー・シングス』のシーズン1を振り返るパフォーマンスを披露した。

動画はページ上部から。パフォーマンスは3分23秒付近から始まる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1アガサ・クリスティ原作、『ナイルに死す』の映画化が進行中リンク
  • 2Amazonプライムビデオで30日以内に見られなくなるお勧め映画。【前...リンク
  • 3映画『アバター』続編、初の場面写真と新たな出演者が明らかにリンク
  • 4テレビドラマ『特攻野郎Aチーム』のリメイク版が進行中リンク
  • 5世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク