2017/11/7 16:59

アッシャー・エンジェル、DCコミックスの映画『Shazam!(原題)』にビリー・バットソン役で出演

アッシャー・エンジェルがDCコミックスのスーパーヒーロー映画『Shazam!(原題)』でビリー・バットソン役を演じ、ザカリー・リーヴァイと共演する。複数の情報筋から本紙ヴァラエティが掴んだ。

同作は「シャザム!」という呪文を唱えると大人のスーパーヒーローに変身できる能力を持つ少年(エンジェル)を中心に展開する。「シャザム(Shazam)」とはソロモン、ハーキュリーズ、アトラース、ゼウス、アキレス、マーキュリーといった古代の神々や歴史上の人物の頭文字から構成される。バットソンが大人に変身すると、この6人の能力を手にする。

敵役としてマーク・ストロングが出演交渉中にある。グレイス・フルトンはエンジェルの友人の1人を演じる。

映画『ライト/オフ』のデヴィッド・F・サンドバーグ監督が、ヘンリー・ゲイデンとダーレン・レムケの脚本をもとに監督を手掛ける。映画『アナベル 死霊人形の誕生』のピーター・サフランがプロデュースする。

『Shazam!(原題)』は、DCシネマティック・ユニバースで次に撮影を開始する作品となる。その後、映画『Flashpoint(原題)』、ジョス・ウェドン監督の映画『Batgirl(原題)』、先日ギャヴィン・オコナーが監督に決まったばかりの映画『スーサイド・スクワッド』の続編が撮影に入る。また、DCと米ワーナー・ブラザースはシャザムの最大の宿敵であるブラックアダムの単独作品を開発中だ。ドウェイン・ジョンソンがブラックアダムを演じる予定である。

エンジェルは米ディズニー・チャンネルのTVシリーズ『Andi Mack(原題)』のジョナ・ベック役として知られている。彼は、ザ・オスブリンク・タレント・エージェンシーとザ・パートナーシップと代理人契約を結んでいる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1映画『ピーターラビット』の続編映画、2020年に公開へリンク
  • 2映画『ボヘミアン・ラプソディ』、ラミ・マレックがフレディ・マーキュリー...リンク
  • 3Amazonプライムビデオで30日以内に見られなくなるお勧め映画。【前...リンク
  • 4【独占記事】細田守監督の新作アニメ映画『Mirai(仮題)』、カンヌ国...リンク
  • 5【動画】映画『アントマン&ワスプ』の新トレーラー、ポール・ラ...リンク