2017/10/31 17:17

ニコラス・ケイジ、アクション・スリラー映画『A Score to Settle(原題)』に主演へ

ニコラス・ケイジがインディペンデント・アクション・スリラー映画『A Score to Settle(原題)』に出演することが明らかになった。

ハイランド・フィルム・グループは、11月1日(現地時間)にカリフォルニア州サンタモニカで開催されるアメリカン・フィルム・マーケットで、本プロジェクトを海外のバイヤーに紹介する。

『A Score to Settle(原題)』は、ショーン・クが監督する。クは自身の長編映画デビュー作となった映画『Beautiful Boy(原題)』で、トロント国際映画祭のディスカバリー賞を受賞した。脚本は、ジョン・ニューマンとクリスチャン・スウェーガルが執筆する。

ケイジは、不治の病と闘う有罪判決を受けたギャングを演じる。自分が関与していない犯罪で逮捕され、長年監獄に入れられていたケイジは、釈放されると自身を陥れた人々に復讐を企てる。

ファースト・ポイント・エンターテイメントのリー・クレイ(映画『Rememory(原題)』)、『Beautiful Boy(原題)』でクとチームを組んだゴールドラッシュ・エンターテイメントのエリック・ゴズランがプロデューサーに名を連ねる。ハイランド・フィルム・グループのアリアンヌ・フレイザーとデルフィーヌ・ペリエはエグゼクティブ・プロデュースを担当する。

最近ケイジは、9月にトロント国際映画祭のミッドナイト・マッドネス部門でプレミア上映を果たしたホラー・スリラー映画『Mom and Dad(原題)』に出演した。現在ケイジは、ハイランド・フィルム・グループが手がける 映画『#211(原題)』と 映画『Looking Glass(原題)』のポスト・プロダクションに入っている。

ケイジは、CAA、リンク・エンターテイメント、ブルーム・ハーゴット・ディーマー・ローゼンタール・ラヴァイオレット・フェルドマン・シェンクマン・アンド・グッドマンを代理人としている。クはパラダイム・タレント・エージェンシー、フィールド・エンターテイメント、モリス・ヨーン・バーンズ・レヴァイン・クリンツマン・ルーベンスタイン・コーナーアンドゲルマンを代理人としている。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1アガサ・クリスティ原作、『ナイルに死す』の映画化が進行中リンク
  • 2Amazonプライムビデオで30日以内に見られなくなるお勧め映画。【前...リンク
  • 3映画『アバター』続編、初の場面写真と新たな出演者が明らかにリンク
  • 4テレビドラマ『特攻野郎Aチーム』のリメイク版が進行中リンク
  • 5世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク