2017/10/24 09:30

ジャスティン・ティンバーレイク、スーパーボウルのハーフタイムショーのヘッドライナーに決定

ジャスティン・ティンバーレイクが10月22日(現地時間)の午後、2018年のスーパーボウルのハーフタイムショーに出演することをTwetter上で明かした。試合は2018年2月4日(現地時間)に米国ミネアポリスのUSバンク・スタジアムで行われる。本紙ヴァラエティは、すでにティンバーレイクが出演者候補リストのトップにいることを9月27日に報じていた。

親友のジミー・ファロンとふざけた英国なまりのアクセントで「時間はある?」という質問を始め、「君がスーパーボウルのハーフタイムショーをやるんだって!?」と展開し、2人は子犬のように飛び回った。このやり取りは米テレビ局NBCのTV番組『ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン』のセットで行われ、ティンバーレイクは自身のTwitterでこの番組をタグ付けした。 2018年2月4日にミネアポリスで行われる試合はNBCが放送し、ティンバーレイク、TV番組、試合が連動する。

ティンバーレイクは2004年にパフォーマンスして以来、NFLのステージ戻ってくることは意義が深い。いわゆる「ワードローブ・マルファンクション(衣装のせいで本来見えてはいけない体の部位が見えてしまうこと)」と呼ばれたジャネット・ジャクソンとのパフォーマンスは、観客とテレビ視聴者の怒りを呼び、不快な放送素材に関する連邦通信委員会(FCC)の取り締まりに拍車をかけることになった。周りの騒動にも関わらず、ジャクソンがパフォーマンス中にサプライズ登場することはあり得なさそうだ。

また、ティンバーレイクは2018年の第一四半期に新しいアルバムを発売するようだと情報筋は語る。

ここ数年のスーパーボウルのハーフタイムのパフォーマーは、ケイティ・ペリー、ビヨンセ、コールドプレイ、ブルーノ・マーズ、レディー・ガガ、マドンナ、ブラック・アイド・ピーズなど、ポップ界に偏っているようだが、ハーフタイムを代表する往年のロッカー(ローリング・ストーンズ、ザ・フー、ブルース・スプリングスティーン、トム・ペティ)を求める声も大きい。いずれにしろ、ティンバーレイクの持つコメディ能力があれば、単なる演奏以上のものを見せてくれるに違いない。

ディンバーレイクによる発表はこちら。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1アガサ・クリスティ原作、『ナイルに死す』の映画化が進行中リンク
  • 2Amazonプライムビデオで30日以内に見られなくなるお勧め映画。【前...リンク
  • 3映画『アバター』続編、初の場面写真と新たな出演者が明らかにリンク
  • 4テレビドラマ『特攻野郎Aチーム』のリメイク版が進行中リンク
  • 5世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク