2017/10/19 15:30

ジェニファー・ローレンス、女性プロデューサーに “ヌード状態で並ばされ” 痩せるように言われた過去を告白

10月16日(現地時間)の夜、米雑誌『ELLE』が毎年開催する映画界で活躍する女優を称えるイベント『ウーマン・イン・ハリウッド・アワード』に出席したジェニファー・ローレンスが、過去に作品に取り組む際に“名誉を傷つけられる屈辱的な”体験をしたことを告白した。

ローレンスは、「ある女性プロデューサーが、私のことを私よりもはるかに細身の女性5人とヌードの状態で並べました。私たちは、自分のプライベートな部分を隠すテープを付けただけの状態で並んで立っていました」「この不名誉で屈辱的な整列の後、女性プロデューサーは私に、自分のヌードの写真をダイエットのインスピレーションとして使うべきだと言ってきました」と、語った。

ローレンスが男性プロデューサーにこの話を持ち出すと、プロデューサーはローレンスに、「なぜ、皆が君のことを太り過ぎだと感じているのか分からないし、君は完璧に”性的に魅力的だ”」と伝えたという。ローレンスは監督やプロデューサーに対して無力感を感じ、キャリアに傷がつくのを恐れ、内部告発はしたくなかったと語った。

ローレンスは続けて、「プロデューサーや監督、映画会社の社長を解雇することはできませんでした。自分のキャリアのために、そのように扱われることに妥協しました」「私は若かったですし、彼らが私のことを“扱いづらい”と言わないように自分自身のためにこの微妙な境界線を歩いてきましたが、彼らが私に発した言葉は“悪夢”のようでした」と、語った。

ローレンスはこの体験が、映画『ハンガー・ゲーム』シリーズでカットニスを演じた時とは対照的だったと語った。

「カットニスは強い役なので私は毎日身体を鍛えていましたが、骸骨のように痩せた体形を理想として代表しなければならなかったならば、私は拒絶したでしょう。カットニスにようになりたくて、若い女の子たちが夕食を抜くようなことはさせたくありませんでした」(ローレンス)

ローレンスのコメントは、セクシャル・ハラスメントと暴行の噂による批判で何10人もの女性がハーヴェイ・ワインスタインを非難していることを受けて行われた。ワインスタインの失脚は、女性が嫌がらせを受けたり暴行を受けた人と連帯して“Me Too”というフレーズを共有するソーシャル・メディア上でのキャンペーンを呼び起こした。

同イベントでリース・ウィザースプーンは、16歳の時に監督に暴行されたことを語った。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1アガサ・クリスティ原作、『ナイルに死す』の映画化が進行中リンク
  • 2Amazonプライムビデオで30日以内に見られなくなるお勧め映画。【前...リンク
  • 3映画『アバター』続編、初の場面写真と新たな出演者が明らかにリンク
  • 4テレビドラマ『特攻野郎Aチーム』のリメイク版が進行中リンク
  • 5世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク