2017/10/17 11:16

映画『ダンケルク』のアナイリン・バーナード、映画版『ゴールドフィンチ』に重要な役柄で出演へ

映画『ダンケルク』で一躍有名となったアナイリン・バーナードが、米ワーナー・ブラザースが手がける期待の映画『The Goldfinch(原題)』にボリスという重要な役柄で出演する。

同作はジョン・クローリーが監督し、アンセル・エルゴートが主役のテオ役を演じることが報じられている。

ワーナーとラットパックは、ピューリッツァー賞を受賞したドナ・タートの著作『ゴールドフィンチ』の映画化権を2014年に手に入れた。ラットパックは作品に出資し、プロデュースを手掛ける。『ゴールドフィンチ』は、美術館爆弾テロで母を失った少年、テオドール・デッカーを主人公とする。テオはラスベガスで怠け者の父親と一緒に暮らし、その後、美術品の偽造に関わるなど波乱万丈の人生を送る。

2017年の早い段階で、アマゾン・スタジオは2018年初頭に撮影を開始する本作への共同出資に合意した。総予算の3分の1以上を投資する予定で、その規模は4000万ドル程度になると推定される。その見返りとして、アマゾン・プライムでの配信権を獲得する模様だ。さらに、家庭向けの一般的な有料TV枠であるHBOやShowtimeといったプレミアム・ケーブル・チャンネルでの配信も予定している。

世界中の映画館への配給はワーナーが担当する。

しばらくの間、スタジオ幹部らはボリス役の候補者となる俳優と会う機会を設けていたが、バーナードによる初のヒット作『ダンケルク』で彼が見せた演技は、スタジオからすでに高い評価を得ていた。

『ダンケルク』以前のバーナードの目立った出演作は、テレビ版『戦争と平和』の限られたシリーズのみだった。WME、ザ・アーティスト・パートナーシップを代理人としている。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1アガサ・クリスティ原作、『ナイルに死す』の映画化が進行中リンク
  • 2Amazonプライムビデオで30日以内に見られなくなるお勧め映画。【前...リンク
  • 3映画『アバター』続編、初の場面写真と新たな出演者が明らかにリンク
  • 4テレビドラマ『特攻野郎Aチーム』のリメイク版が進行中リンク
  • 5世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク