2017/10/4 11:35

ジョス・ウェドン、ジュリアン・ムーア、レディー・ガガ、米国政府に対してより厳しい銃規制を求める

10月1日(現地時間)の夜、ラスベガスで行われたカントリーミュージックのコンサート会場で銃乱射事件が発生し、少なくとも58人が死亡、負傷者は何百人にも及んだ。この事件を受け、エンターテインメント界の著名人たちが、米国政府に対してより厳しい銃規制法案の成立を求めた。

ジョス・ウェドンは、マイケル・ブルームバーグなどが支援し、銃規制を訴える活動団体エブリタウン・フォー・ガン・セーフティの言葉を引用してツイートした。ジュリアン・ムーア、マーティ・ノクソン、エイミー・シューマー、デブラ・メッシング、ピーチズなどの大勢がエブリタウンのメッセージをツイートした。

一方で、当日のルート91ハーベスト・フェスティバルに参加していたミュージシャンのカレブ・キーターは、銃規制反対派としての考えを改め、これからは銃規制を支持する意向をコメントした。

多数の著名人が銃規制の呼びかけに参加した。「今こそ良識ある銃規制を」と、アリッサ・ミラノは綴った。

レナ・ダナムは、「銃規制が唯一の回答」と、語った。

ビリー・エイチュナーは、銃規制をより支持するべくツイートでアクションを呼びかけた。

レディー・ガガは、国会議員に対して「迅速な対応を」と呼びかけた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【独占記事】ウディ・アレン監督、ハーヴェイ・ワインスタインについて「彼...リンク
  • 2米Facebook、10代に人気のネットワーキングアプリ『tbh』を買...リンク
  • 3【動画】マーベルの新作映画『ブラックパンサー』、フルトレーラーを初公開...リンク
  • 4【動画】映画『スター・ウォーズ』の世界をVR体験できる『Star Wa...リンク
  • 5ロバート・デ・ニーロ、ドナルド・トランプを『タクシードライバー』の主役...リンク