2017/9/25 16:20

ピーターラビットが大暴れ、実写/アニメーション映画『Peter Rabbit(原題)』の初トレーラー公開


世界に愛されるやんちゃなウサギが、パーティー・アニマルとしての新たな人生を見い出したようだ。実写とアニメーションのハイブリッドによるコメディ映画『Peter Rabbit(原題)』の初トレーラーが公開された。

ジェームズ・コーデンが、いたずら好きなウサギ、ピーターラビットの声を演じる。隣に住む動物愛好家の女性(ローズ・バーン)に恋するピーターは、農夫のマクレガーさん(ドーナル・グリーソン)とのライバル関係を強めていく。サム・ニールも出演する。マーゴット・ロビー、エリザベス・デビッキ、デイジー・リドリーが、それぞれピーターラビットの三つ子の姉妹、フロプシー、モプシー、コットンテールの声を演じる。

トレーラーでは、ピーターと動物の仲間たちがマクレガーさんの野菜畑を襲撃し、パーティーで部屋をめちゃくちゃにする。突然、マクレガーさんが帰宅し、彼らは慌てて逃げる。作品に登場する動物たちはいずれもチャーミングで、かつてピーターラビットを食べようとしたキツネでさえ、パーティーのゲストとして歓迎されている。

『Peter Rabbit(原題)』は、ビアトリクス・ポターの絵本シリーズに登場するキャラクターをベースとしている。ピーターラビットは、1902年に出版された絵本『ピーターラビットのおはなし』に登場して以来、世界35言語に翻訳され、1億5000万部を売り上げた。

映画はウィル・グラックが監督し、ロブ・ライバーと共同脚本を手がける。グラックはこれまでに、映画『小悪魔はなぜモテる?!』、映画『ステイ・フレンズ』、2014年公開のリメイク版映画『ANNIE/アニー』などを監督した。ライバーはかつて、映画『アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日』の脚本を執筆した。

『Peter Rabbit(原題)』は2018年2月9日に米劇場公開。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【独占記事】ウディ・アレン監督、ハーヴェイ・ワインスタインについて「彼...リンク
  • 2米Facebook、10代に人気のネットワーキングアプリ『tbh』を買...リンク
  • 3【動画】マーベルの新作映画『ブラックパンサー』、フルトレーラーを初公開...リンク
  • 4【動画】映画『スター・ウォーズ』の世界をVR体験できる『Star Wa...リンク
  • 5ロバート・デ・ニーロ、ドナルド・トランプを『タクシードライバー』の主役...リンク