2017/9/4 08:00

テレビシリーズ『エージェント・オブ・シールド』のクロエ・ベネット、「ハリウッドの人種差別」を理由に姓を改名

テレビシリーズ『エージェント・オブ・シールド』に出演するクロエ・ベネットが、名字を変更した理由はハリウッドの人種差別にあったと、ソーシャルメディア上でファンからの質問に対して答えた。

ベネットは、「名字を変えたことで、私の血が半分中国人で中国に住んでいたことがあり中国語を話すこと、さらにアメリカと中国の両方の文化で育ったと言う事実を変えるものではありません」「実際にお金を稼いで家賃を払わなければなりません。ハリウッドは人種差別主義で私の名字が彼らにとって不愉快だという理由で私の出演を拒否しました」と、語った。

クロエ・ワンが本名のベネットは、インスタグラムにエド・スクラインを擁護するコメントも記載した。エド・スクラインは、映画『ヘルボーイ』の出演が決まっていたが、オリジナルのキャラクターがアジア系であったためホワイトウォッシュだと非難され、降板せざるを得なかった。

ベネットは、以前にも名前を変更したことについて語った。

ベネットは2016年に、「名前を変更した後の最初のオーディションで役が決まった」と、デイリー・ビーストに語り、「これはハリウッドを動かすほんの小さな断片です」と、続けた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1水原希子、中国に向けた謝罪動画を公開リンク
  • 2Amazonプライムビデオで30日以内に見られなくなるお勧め映画。【前...リンク
  • 3マーク・ライランス、スティーヴン・スピルバーグ監督と映画『The Ki...リンク
  • 4ノオミ・ラパス、映画『プロメテウス』続編に出演へリンク
  • 5米ディズニー、往年のアニメ映画『ピーター・パン』の実写版映画製作へリンク