2017/9/1 15:30

リリー・コリンズ、ニコラス・ホルト主演の伝記映画『Tolkien(原題)』に出演へ

リリー・コリンズが、米FOXサーチライト・ピクチャーズとチャーニン・エンターテインメントによるJ.R.R.トールキンの伝記映画『Tolkien(原題)』でニコラス・ホルトと共演することになった。

コリンズは、トールキンの妻でありトールキン原作の小説『指輪物語』シリーズに登場する妖精の王女のキャラクターの見本となったエディス・ブラッドを演じる。監督は、フィンランド出身のドーム・カルコスキーが務める。

デイビット・グリーソンとステファン・ベレスフォードによる脚本は、1914年の第一次世界大戦が始まる前を舞台とし、友人関係、愛、芸術的なインスピレーションをクラスメイトのグループに見出していくトールキンに焦点を当てた内容となる。トールキンは、1916年から1920年までイギリス軍隊に勤め、ペンブルック・カレッジで働いていた時に3部構成の小説『指輪物語』を執筆した。トールキンは1973年にこの世を去った。

米FOXサーチライト・ピクチャーズとチャーニン・エンターテインメントは2013年から同プロジェクトを開発している。トールキンの壮大な小説は、映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ3部作と映画『ホビット』シリーズの基礎となった。

小説『ホビットの冒険』は、1937年に初めて出版された。その後トールキンは、1937年から1949年の間に『指輪物語』を執筆した。そのストーリーは当初続編であるとされていたが、ストーリーがさらに大きくなり、最終的には1億5000万部以上の販売部数を誇る史上最も売れた小説のひとつとなった。

サンダンス映画祭でプレミア上映された映画『To the Bone(原題)』で、コリンズはキャリアにおけるいくつかの批評を受けた。米Netflixは、『To the Bone(原題)』の配信権利を取得し7月に同作を公開した。またコリンズは、Netflixの映画『Okja(原題)』に出演し、米アマゾンによるドラマシリーズ『The Last Tycoon(原題)』で主役を演じている。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1水原希子、中国に向けた謝罪動画を公開リンク
  • 2Amazonプライムビデオで30日以内に見られなくなるお勧め映画。【前...リンク
  • 3『ヘイトフル・エイト』美術・種田陽平さんインタビュー「そのこだわりはタ...リンク
  • 4【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 5【動画】映画『American Assassin(原題)』、ディラン・...リンク