2017/8/5 11:00

【独占記事】人気TV番組『エージェント・カーター』のヘイリー・アトウェル、ディズニーの『Christopher Robin(原題)』でユアン・マクレガーと共演

米ウォルト・ディズニーの映画『Christopher Robin(原題)』で、ヘイリー・アトウェルがユアン・マクレガーと共演する。複数の情報筋が本紙ヴァラエティに語った。

監督は映画『ワールド・ウォー Z』のマーク・フォースター。

『Christopher Robin(原題)』は、往年のアニメ作品を実写化するディズニーのプロジェクトの新作だ。主人公は、児童小説『くまのプーさん』シリーズに登場する小さな男の子、ロビン(マクレガー)。アトウェルは成長したロビンの妻役を演じる。成長したロビンは、想像力を失ってしまう。そんなロビンを救うため、プーさんと彼の友達は再びロビンの人生に入り込む。

プロデューサーはブリガム・テイラー。脚本は映画『ドリーム』を手掛けたアリソン・シュローダーが担当する。

大ヒット作となった映画『美女と野獣』など、ディズニーは往年のアニメ作品を実写化する戦略に活路を見出している。1991年のアカデミー賞を受賞したアニメ映画『美女と野獣』の実写版は、米国と世界において今年最高の興行収入を記録した。

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』でアトウェルが最初にエージェント・カーター役を演じて以来、アトウェルとディズニーの関係は固い。カーターのキャラクターは人気となり、ディズニー傘下のテレビ局ABCによってスピンオフ版のTV番組『エージェント・カーター』シリーズが放映された。2016年に高い評価を得たが、現在は終了している。
また、アトウェルはアニメ作品を実写化するディズニーのプロジェクトで最初の成功作となった2015年の実写版映画『シンデレラ』で母親役を演じた。

アトウェルは現在、スターズとBBCによるTV番組のミニシリーズ『Howards End(原題)』の撮影に入っている。代理人はCAAとハミルトン・ホデル。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ジャスティン・ティンバーレイク、スーパーボウルのハーフタイムショーのヘ...リンク
  • 2リース・ウィザースプーン、16歳の時に監督から性的暴行を受けたと言明リンク
  • 3女性のパワーが今夏のヒット作に与えた影響をデータで検証リンク
  • 4ピーターラビットが大暴れ、実写/アニメーション映画『Peter Rab...リンク
  • 5【独占記事】ヴィヴィアン・リーの自伝映画、テレビシリーズ『フュード/確...リンク