2017/7/26 18:42

アン・ハサウェイ、エイミー・シューマーに代わって「バービー」役で出演交渉中

スケジュールの問題でエイミー・シューマーを失った米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントは、公開を控える実写版映画『Barbie(原題)』の代役を見つけたようだ。アン・ハサウェイが主演を務める交渉に入っている。

また、オーストラリア出身で、映画『Fun Mom Dinner(原題)』の監督であるアレシア・ジョーンズが、このコメディ映画の監督を務める交渉中にある。

スタジオの代理人は、まだスケジュールの調整がついておらず、契約も交わされていないことから、この交渉は未成熟だと述べた。

おもちゃメーカーのマテルを象徴する製品の映画化は、6月23日に制作を開始する予定だったが、米FOXのコメディ映画『Snatched(原題)』のプロモーション・ツアーやスティーヴ・カレルと共演するレベッカ・ミラー監督の映画『She Came to Me(原題)』の撮影など、シューマーは過密なスケジュールの中にあった。

ソニーは今も2018年6月29日の公開にこだわっているが、制作がいつ始められるかは定かではでない。情報筋によれば、マテルはすでに商品や製品の開発サイクルを進めてしまっており、シューマーの出演に固執して製作スケジュールを大きく変更することは、本作に関わる他のパートナーに負担をかけることになる。

本作は、映画『スプラッシュ』、映画『魔法にかけられて』、映画『ビッグ』の系譜を継ぐ作品になると言われている。メインキャラクターたちは劇中で完璧であり続けることができず、バービーランドを追い出されて現実世界を冒険する。

シューマーは最近になって、本作の脚本を磨き上げた。ハサウェイのバージョンで同じトーンが保たれるかは不明だ。

ウォルター・F・パークス、ローリー・マクドナルド、そしてエイミー・パスカルがプロデュースする。マテルの社長兼COOのリチャード・ディクソンがエグゼクティブ・プロデューサーとなる。

パークスとマクドナルドは、2014年に最初の契約をマテルと結んだ。

ハサウェイはシューマーのようなスタンドアップ・コメディアンの出身ではないが、映画『プラダを着た悪魔』や映画『ゲット スマート』でコメディの才覚を見せてきた。ハサウェイは映画『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』のリメイク版で、レベル・ウィルソンと共演する映画『Nasty Women(原題)』の撮影を開始する予定で、映画『オーシャンズ11』のスピンオフ作品である映画『Ocean’s Eight(原題)』にも出演している。

彼女はCAA、マネージメント360と代理人契約を結んでいる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【動画】シャーリーズ・セロン、映画『Tully(原題)』のトレーラーで...リンク
  • 2J・J・エイブラムス、映画『スター・ウォーズ』シリーズ次回作のセカンド...リンク
  • 3ダニエル・クレイグ、次のプロジェクトはボンド映画の25作目だと明かすリンク
  • 4ヒュー・ジャックマン、『ウルヴァリン』引退を明かすリンク
  • 5ブラッド・ピット、タランティーノ監督が手掛けるチャールズ・マンソンを題...リンク