2017/7/18 08:00

リリー・ジェームズ、映画『マンマ・ミーア!』続編に出演決定

リリー・ジェームズは、映画『ベイビー・ドライバー』に次ぐ、次回出演映画を見つけたようだ。

ジェームズは、米ユニバーサル・ピクチャーズによる映画『マンマ・ミーア!』の続編となる映画『Mamma Mia: Here We Go Again(原題)』に出演が決定した。

同作は、オル・パーカーが脚本と監督を手掛け、メリル・ストリープ、コリン・ファース、アマンダ・セイフライドが再出演する。ジェームズは若き日のドナを演じ、現在と過去を行き来し、過去に築いた偽りの関係がどのようにして現在に共鳴していくのかというストーリーになる予定だ。

オリジナル版映画のプロデュースを手掛けたリトルスターのジュディ・クレイマーとプレイトーンのゲイリー・ゴーツマンが、続編で再びチームを組む。クレイマーは、舞台ミュージカルのクリエイター兼プロデューサーも務める。ベニー・アンダーソンとビョルン・ウルヴァースが再び楽曲を提供し、エグゼクティヴ・プロデューサーも務める。

米ユニバーサルのプロダクション部門シニアVPクリステン・ロウとクリエイティブ・エグゼクティヴのレキシー・バルタが、米ユニバーサル側で監修を担う。

ジェームズは、UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)、タヴィストック・ウッドと代理人契約を結んでいる。ジェームズは、窃盗団を描いた映画『ベイビー・ドライバー』での成功を受けて、数週間に渡って一部の大手スタジオから一目置かれてきた。彼女の才能は、定評あるテレビシリーズ『ダウントン・アビー』で開花し、米ウォルト・ディズニーによる映画『シンデレラ』の主役を演じるに至った。また、今秋に米劇場公開される元英首相ウィンストン・チャーチルの伝記映画『Darkest Hour(原題)』にも出演する。

『Mamma Mia: Here We Go Again(原題)』は、2018年7月20日に米劇場公開する。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2クリストファー・ノーラン監督、映画『ダンケルク』は最高のキャストが揃っ...リンク
  • 3フェリシティ・ジョーンズ、伝記映画『On the Basis of S...リンク
  • 4M・ナイト・シャマラン、映画『スプリット』と映画『アンブレイカブル』の...リンク
  • 5映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』シリーズ第2作、新た...リンク