2017/7/14 15:30

トム・ホランドとデイジー・リドリーが共演するSF映画『Chaos Walking(原題)』の公開日が決定

ライオンズゲートが、トム・ホランドとデイジー・リドリーが共演するSFアドベンチャー映画『Chaos Walking(原題)』の米劇場公開日を2019年3月1日に設定した。

同作は、ダグ・ライマンが監督を務め、アリソン・シェアマーとダグ・デイヴィソンがプロデュースを手掛ける。パトリック・ネス、チャーリー・カウフマン、ジョン・リー・ハンコックが脚本を執筆する。

同作は、3部作の1作目として2008年に出版されたパトリック・ネス原作の小説『Chaos Walking: The Knife of Never Letting Go(原題)』をもとにしており、あらゆる生き物が互いの考えを聞くことができるディストピアな世界を舞台とする。

同小説は、隠されていた恐ろしい何かを見つけ、飼い犬を連れて逃げることを強いられる街で唯一の少年に焦点を当てる。人々が追ってくる中、少年と犬は不思議で寡黙な少女に偶然出会い、少年は自分が何者であるかを理解するために知っているものすべてを忘れなければならないスリリングな旅を始める。

ホランドは、最近のヒット作映画『スパイダーマン:ホームカミング』で主演したことで知られており、ウエスト・エンドのミュージカル『ビリー・エリオット』でキャリアをスタートした。リドリーは、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の出演で名声を手にした。

『Chaos Walking(原題)』は、2019年3月1日に米劇場公開が設定された3本目の映画だ。米20世紀FOXは、警官を描くスリラー映画『The Force(原題)』を同日に米劇場公開し、米ユニバーサル・ピクチャーズは、映画『How to Train Your Dragon 3(原題)』を同日に米劇場公開する。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2クリストファー・ノーラン監督、映画『ダンケルク』は最高のキャストが揃っ...リンク
  • 3フェリシティ・ジョーンズ、伝記映画『On the Basis of S...リンク
  • 4M・ナイト・シャマラン、映画『スプリット』と映画『アンブレイカブル』の...リンク
  • 5映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』シリーズ第2作、新た...リンク