2017/7/14 09:33

Amazonプライム、リブート版『The Tick/ティック~運命のスーパーヒーロー』のトレーラーを公開


Amazonプライム・ビデオは、実写版のスーパーヒーロー・コメディ・シリーズ『The Tick/ティック~運命のスーパーヒーロー』のファースト・トレーラーを公開した。シーズン1のパート1は8月25日(現地時間)より配信を開始する。

トレーラーは、力を持たない社会的弱者の会計士アーサー・エベレストを中心に、「運命、冒険、失血、善と悪が戦う壮大な物語」を約束している。男は長らく死んだと考えられていた地球レベルの巨大なワルが実は生きており、彼の街を支配していることに気づき、青いスーパーヒーロー「ティック」とチームで挑むことになる。

英国人俳優ピーター・セラフィノウィッツがティックを演じ、グリフィン・ニューマン、ヴァロリー・カリー、ジャッキー・アール・ヘイリー、ヤラ・マルティネス、ブレンダン・ハインズ、スコット・スパイサー、マイケル・セルヴェリスが脇を固める。本作のクリエイター兼エグゼクティブ・プロデューサーを務めるベン・エドランドは、出演者と共に7月21日(現地時間)に開催されたカリフォルニア州サンディエゴのコミコンに出席した。

1986年、エドランドはニューズレターのマスコット用に、アメリカン・コミックのスーパーヒーローのパロディー版である架空のスーパーヒーローを生み出した。本作は1994年にアニメ・シリーズとしてTV番組化され、その後2001年にパトリック・ウォーバートンを主役とした実写版のシチュエーション・コメディとして放送された。

本作は、エドランド(TV番組『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』)、バリー・ジョセフソン(TV番組『BONES』)、バリー・ソネンフェルド(映画『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』)がエグゼクティブ・プロデューサーを務め、監督をウォーリー・フィスター(映画『ダークナイト』)、脚本をエドランドが担当する。この番組は、ソニー・ピクチャーズ・テレビジョンが共同製作する。

『The Tick/ティック~運命のスーパーヒーロー』パート2は、2018年初旬に配信を開始する。2016年8月に、Amazonプライム・ビデオは本作の写真を公開した。

トレーラーの視聴はページ上部から。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2クリストファー・ノーラン監督、映画『ダンケルク』は最高のキャストが揃っ...リンク
  • 3フェリシティ・ジョーンズ、伝記映画『On the Basis of S...リンク
  • 4M・ナイト・シャマラン、映画『スプリット』と映画『アンブレイカブル』の...リンク
  • 5映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』シリーズ第2作、新た...リンク