2017/7/10 16:16

マドンナが創設した小児外科病院、マラウイで開院

7月7日(現地時間)、マドンナはマラウイのブランタイヤにあるクイーン・エリザベス・セントラル病院に新設した小児外科と集中治療のための病院「マーシー・ジェームズ・インスティテュート」が、11日から開院すると発表した。

マラウイ生まれの養女マーシー・ジェームズにちなんで名づけられたこの病院は、この国初の施設であり、マドンナの慈善団体「レイジング・マラウイ」とマラウイの保健省の協力のもとで創設された。

「例えどこであっても、困っている子供たちを見ると人は何かしたいと思うもので、誰もが助けの手を伸ばすことができます。初めてマラウイを訪れたとき、私は子供たちを助けると約束しました」とマドンナは声明で述べ、さらに「小児外科と集中治療のための病院、マーシー・ジェームズ・インスティテュートの開院が近づくにつれて、私はこの信じられないような行程に加わってくれたすべての皆さんに感謝したいという思いを強くしました。マラウイと、そこに住む子供たちの夢として着手したプロジェクトは、現実のものとなりました。皆さんの支持なしには実現しませんでした」と続けた。

小児外科と集中治療施設の新設は2014年11月に発表され、最初の患者は6月29日に入院した。新しい小児病棟は、クイーン・エリザベス・セントラル病院で年間に行われる子供の手術の回数を2倍に増やし、南アフリカの地元医師たちのトレーニング・センターとしても機能する。

また同施設には遊び場や野外遊具、マドンナがキュレーションしてこの国に持ち込んだアーティストたちによる壁画など、病院で過ごさなければならない子供たちにとって快適な空間が用意されている。

「マラウイは、私の家族を想像以上に豊かにしてくれました」とマドンナは話し、続けて「子供たちが自分の生まれた国と強いつながりを持てるようにすることは、私にとって重要なことであり、子供たちに人とのつながりを示すことも同じくらいに大切です。人は世界を改善する力を持っているのです」と語った。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2クリストファー・ノーラン監督、映画『ダンケルク』は最高のキャストが揃っ...リンク
  • 3フェリシティ・ジョーンズ、伝記映画『On the Basis of S...リンク
  • 4M・ナイト・シャマラン、映画『スプリット』と映画『アンブレイカブル』の...リンク
  • 5映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』シリーズ第2作、新た...リンク