2017/7/5 08:00

米STXフィルムズ、映画『Molly’s Game(原題)』とメリッサ・マッカーシー主演映画『Happytime Murders(原題)』の米劇場公開日を決定

米STXフィルムズは6月30日(現地時間)に、映画『Molly’s Game(原題)』と映画『The Happytime Murders(原題)』の米劇場公開日を発表した。

アーロン・ソーキンが監督する『Molly’s Game(原題)』は、2016年のカンヌ国際映画祭で米STXエンターテイメントが900万ドルで配給権利を獲得し、サンクスギビング前の11月22日に米劇場公開する。ソーキンの監督デビュー作となる同作では、2014年に回顧録『Molly’s Game: From Hollywood’s Elite to Wall Street’s Billionaire Boys Club, My High-Stakes Adventure in the World of Underground Poker(原題)』を出版した違法ポーカーの元締めモリー・ブルームをジェシカ・チャステインが演じる。

同作には、イドリス・エルバ、ケヴィン・コスナー、マイケル・セラ、ジェレミー・ストロング、クリス・オダウド、ビル・キャンプも出演する。マーク・ゴードン、エイミー・パスカル、マット・ジャクソンが、プロデュースを手掛ける。

少し先だが、ジム・ヘンソン・カンパニーによるメリッサ・マッカーシー主演の『The Happytime Murders(原題)』は、2018年8月17日に米劇場公開となる。

同作は、ブライアン・ヘンソンが監督を務め、ロサンゼルスの探偵が操り人形の探偵とチームを組み、子どもに大人気のショー『ザ・ハッピータイム・ギャング』に出演するキャストの残虐な殺人事件を解決するというストーリーだ。

トッド・バーガーとディー・ロバートソンが原案を手掛け、バーガーが執筆した脚本をエリック・ホーバーとジョン・ホーバーが改稿し、さらにマッカーシーが改稿を加えた。ジェフリー・M・ヘイズ、ベン・ファルコーン、ヘンソン、マッカーシーがプロデュースを手掛ける。リサ・ヘンソン、ジョン・W・ハイドが、エグゼクティブ・プロデューサーを務める。

『Molly’s Game(原題)』のライバルとなるのは、米ウォルト・ディズニーとピクサーによる映画『リメンバー・ミー』とMGMによる映画『Death Wish(原題)』だ。『Happytime Murders(原題)』は、フォーカス・フィーチャーズによる映画『Captive State(原題)』と2018年に米ワーナー・ブラザースから公開されるタイトル未定のコメディ映画と争うことになる見込みだ。


タグ:
  • 元記事著者:JD Knapp
  • 翻訳者:Yuka Ueki
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【動画】クリント・イーストウッド監督の最新作映画『15時17分、パリ行...リンク
  • 2第75回ゴールデングローブ賞(2018)、ノミネーションの全リストリンク
  • 3『True story』レビュー(2/5点)【ひろゆき】リンク
  • 4【動画】アダム・ドライバー扮するカイロ・レンが、スターキラー基地に潜入...リンク
  • 5実写版映画『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』、2019年に公開へリンク