2017/6/29 09:23

シャキール・オニールとリル・レル・ハウリー、バスケットボールの映画『Uncle Drew(原題)』に出演交渉中

シャキール・オニールとリル・レル・ハウリーは、NBAスター選手のカイリー・アービングが出演するバスケットボールのドラマ映画『Uncle Drew (原題)』に出演交渉中だ。

2月9日、本誌ヴァラエティは、アービングが出演したペプシの広告『Uncle Drew (原題)』の映画化権をテンプルヒル・エンターテイメントが購入したことを最初に報道した。映画『スキップ・トレース』の脚本家ジェイ・ロンジーノが脚本を執筆し、アービングがドリュー役を演じる予定だ。

テンプル・ヒルのマーティ・ボーウェン、ウィク・ゴッドフリー、ジョン・フィッシャーがプロデュースする。オリジナルのペプシMaxのコマーシャルでは、70歳のドリューおじさんを演じるアービングが、バスケットボールのゲームに参加し、昔のプレイを思い出しながら彼の半分の年齢の若いプレーヤーを支配していく。

同作では、ハーレムにある有名なラッカーパークのコートでチームを結成した最高年齢のバスケットボール選手グループを中心にストーリーが展開する。ハウリーはバスケットボールを愛し、ドリューおじさんに助けを求める青年を演じる。

チャールズ・ストーン三世(映画『ドラムライン』)が監督を手掛ける。ライオンズゲートが配給権を獲得した。

ハウリーは、ジョーダン・ピール監督の映画『Get Out(原題)』でダニエル・カルーヤの親友の警備員役を演じた。ハウリーはUTAと3アーツ・エンターテイメントと代理人契約を結んでいる。

オニールはNBA選手として19年間活躍し、ロサンゼルス・レイカーズで2001年から2003年にかけて3連覇を果たした。その後、2006年にマイアミ・ヒートで4度目の優勝を飾り、2011年に引退した。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【動画】クリント・イーストウッド監督の最新作映画『15時17分、パリ行...リンク
  • 2第75回ゴールデングローブ賞(2018)、ノミネーションの全リストリンク
  • 3『True story』レビュー(2/5点)【ひろゆき】リンク
  • 4【動画】アダム・ドライバー扮するカイロ・レンが、スターキラー基地に潜入...リンク
  • 5実写版映画『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』、2019年に公開へリンク