2017/6/22 19:38

TVシリーズ『SHERLOCK/シャーロック』の製作チーム、新シリーズ『ドラキュラ』の製作へ

英BBCの大ヒット探偵TVシリーズ『SHERLOCK/シャーロック』の脚本家とプロデューサーらが、作家ブラム・ストーカーの往年の小説『吸血鬼ドラキュラ』をもとにしたTVシリーズで再集結する。マーク・ゲイティスとスティーヴン・モファットが脚本を手がけ、スー・ヴァーチューが率いるハーツウッド・フィルムズがプロデュースする。

ゲイティスとモファットは、今はそれぞれ別のプロジェクトに取り組んでいるため、製作はまだ本格的には始まっていない。しかし、英国内の放送権に関するBBCとの協議は既に始まっている。BBCは『SHERLOCK/シャーロック』シリーズで大成功を収めた。

『ドラキュラ』は、長編エピソードをミニシリーズで放送した『SHERLOCK/シャーロック』と同じ形式を予定している。

『SHERLOCK/シャーロック』でホームズを演じたベネディクト・カンバーバッチは、国際的なスターダムへとのし上がった。『ドラキュラ』の脚本はまだなく、出演者の情報もない。

英国の製作会社ハーツウッドと、米国および海外のパートナーは、新プロジェクトでも協業を期待している。BBCのグループ会社のBBCワールドワイドが『SHERLOCK/シャーロック』を海外に販売し、ここ数年でコンテンツ流通の最大のタイトルの1つになった。

ゲイティスとモファットにとって、『ドラキュラ』は1月に英国で放送された『SHERLOCK/シャーロック』の最終エピソード以来のコラボレーションとなる。現在、『SHERLOCK/シャーロック』について新シリーズの予定はないが、将来的に新しいエピソードを書く可能性は否定していない。

モファットは、BBCのTVシリーズ『ドクター・フー』の脚本とエグゼクティブ・プロデューサーを6シーズンにわたって務めた。ゲイティスは脚本家であると同時に俳優でもあり、TVシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』や『SHERLOCK/シャーロック』を含む多数の英国の番組に出演している。『SHERLOCK/シャーロック』では、ホームズの兄のマイクロフト役を演じた。ゲイティスは往年のホラー映画のファンで、クリストファー・リーとピーター・カッシングが出演した1958年の映画『吸血鬼ドラキュラ』がお気に入りだと過去に語っている。

『ドラキュラ』が『SHERLOCK/シャーロック』と同じ様に今日の英国を舞台とするかどうかは明らかではない。1897年に書かれたストーカーの小説では、吸血鬼ドラキュラが新しい血を求めてトランシルヴァニアからイングランドに移り住む物語となっている。

新しい『ドラキュラ』シリーズは、この有名なゴシック・ホラーストーリーをTVに持ち込む初の作品ではない。TVシリーズ『ダウントン・アビー』をプロデュースしたカーニバル(本社:ロンドン)が、2013年にNBCでTVシリーズ『Dracula(原題)』を手がけている。このシリーズは1シーズンだけで終了した。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2クリストファー・ノーラン監督、映画『ダンケルク』は最高のキャストが揃っ...リンク
  • 3フェリシティ・ジョーンズ、伝記映画『On the Basis of S...リンク
  • 4M・ナイト・シャマラン、映画『スプリット』と映画『アンブレイカブル』の...リンク
  • 5映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』シリーズ第2作、新た...リンク