2017/6/9 14:00

実写映画『鋼の錬金術師』、監督と主演俳優がLA&パリのイベントに登壇へ

2017年12月1日に公開される実写映画版『鋼の錬金術師』の監督とキャストが、今年の夏開催されるパリとロサンゼルスのイベントへの参加を目的とした“ハガレンワールドツアー”を決行することがわかった。

世界的人気マンガ『鋼の錬金術師』の実写版は、昨年の制作発表以降、世界各国から注目を集め、最新予告のYouTube再生回数が380万回を突破するなど、公開前から話題の尽きない作品だ。

まず、アメリカ・ロサンゼルスで行われる北米最大のポップカルチャーイベント「Anime Expo 2017」に、曽利文彦監督とエド役の山田涼介が登壇。フランス・パリで開催される「Japan Expo 2017」では曽利監督と山田に加え、ウィンリィ役の本田翼が参加する。イベントではキャストたちのトークショーのほか、世界初公開となる本編のフッテージ映像を公開することも明らかになっている。

両イベントにおいてアニメ・マンガの実写映画化作品のキャストが参加するということは史上初。両会場とも3000~4000人収容の会場が用意され、海外メディアの取材にも対応するという異例づくしの待遇で準備が進んでいることから、作品への期待度の高さが伺える。

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1シャキール・オニールとリル・レル・ハウリー、バスケットボールの映画『U...リンク
  • 2映画『オクジャ』の監督は劇場公開を切望するも、Netflixの決定は尊...リンク
  • 3映画芸術科学アカデミー、さらなる多様性を求めて683名の新規会員を迎え...リンク
  • 4今知っておくべき国際的スター、英国人女優ヴァネッサ・カービーリンク
  • 5【動画】映画『Flatliners(原題)』、エレン・ペイジ、ディエゴ...リンク