2017/6/6 17:39

エリザベス・デビッキ、リュック・ベッソン監督の映画『Valerian and the City of a Thousand Planets(原題)』に声で出演

エリザベス・デビッキは、リュック・ベッソン監督が手掛ける映画『Valerian and the City of a Thousand Planets(原題)』に声で出演する。

本作品はSTXフィルムズとヨーロッパコープが手掛け、7月21日に米劇場公開される。デビッキの出演は、撮影後に行われたポストプロダクション中に決まった。

主なキャストは、デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、そしてイーサン・ホークである。

ベッソンは脚本と監督を務め、プロデューサーは彼の妻であるヴィルジニー・ベッソン=シラが務める。

原作は、1967年にピエール・クリスティンとジャン=クロード・メジエールによって書かれたグラフィックノベル。21言語で1000万部を売り上げた。舞台は、人類がタイムトラベルの方法を発見した28世紀。惑星アルファは、何世紀にもわたって宇宙全体からの英知が結集したメトロポリス。ヴァレリアン(デハーン)とロールリンヌ(デルヴィーニュ)は、人類のテリトリーを守る使命を帯びたエージェントとなる。

デビッキは現在、ヴィオラ・デイヴィスとともにスティーヴ・マックィーン監督の映画『Widows(原題)』の撮影中にある。また、以前は『God Particle(原題)』と呼ばれていたが、今はタイトル未定の『クローバーフィールド』シリーズの新作にも出演している。また、最近ではロンドンの舞台『The Red Barn(原題)』に出演した。

デビッキはの代理人は、CAAとユナイテッド・マネージメント。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【動画】映画『ジュラシック・ワールド』の最新作、初トレーラーを公開リンク
  • 2『ヘイトフル・エイト』美術・種田陽平さんインタビュー「そのこだわりはタ...リンク
  • 3全世界で記録的ヒット中『ジュラシック・ワールド』『ジュラシック・ワール...リンク
  • 4クイーンの自伝的映画、「現場に来なくなった」ブライアン・シンガー監督を...リンク
  • 5【独占記事】ロバート・ダウニー・Jr主演の映画版『ドリトル先生航海記』...リンク