2017/6/7 08:00

【動画】トム・クルーズ、映画『トップガン』の続編タイトルは『Top Gun: Maverick(原題)』だと明かす


トム・クルーズが、1986年公開の映画『トップガン』のこれから公開を控える続編映画のタイトルが『Top Gun: Maverick(原題)』になることを明かした。

クルーズはテレビ番組『アクセス・ハリウッド』のインタビューで、すべての続編タイトルに「番号は必要ない」と語った。“マーベリック”とは、映画でクルーズが演じるアメリカ海軍のパイロット、LT・ピート・ミッチェルのニックネームのことだ。

クルーズは、「スピードを求めて、アビエイターが戻って来た。大きくて高速の戦闘機が登場する予定だ。1作目のような競い合う形の作品になるが、マーベリックは進化している」と、語った。

クルーズはさらに、オリジナル映画で音楽を担当したハロルド・フォルターメイヤーが続投することを明らかにした。音楽はオリジナルに近い様式になるようだ。

本紙ヴァラエティは、クルーズ主演の映画『オブリビオン』のジョセフ・コシンスキー監督が、続編の監督の第1候補に挙がっていることを最初に報じた。また最近英国のトーク番組で、クルーズは続編の撮影が2018年初頭になることを明かした。

クルーズは、かなり昔に自身をスターにした1986年の名作『トップガン』をフォローアップしたいと願っていた。同プロジェクトはここ数年、特に最近になって、映画『ジャングル・ブック』のジャスティン・マークスが最新の脚本家に抜擢されて以来勢いを増している。

続編は、ドローン技術と第5世代戦闘機の世界が舞台となり、ドッグファイト(空中戦闘)時代の終わりを描く。その他のあらすじは現時点では明かされていないが、クルーズ演じるマーベリックのライバル役 “アイスマン”を演じるためにヴァル・キルマーが続編に登場する見込みだ。

オリジナル映画のプロデュースを手掛けたスカイダンスのCEOデヴィッド・エリソンとジェリー・ブラッカイマーが、クルーズと共に続編のプロデュースを担当する。

現在クルーズは、7月28日に米劇場公開する映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』のプレスツアーの真っ最中だ。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ロバート・ダウニー・Jr、リチャード・リンクレイター監督によるポッドキ...リンク
  • 2映画版の『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』、2019年11月の全米公開が決...リンク
  • 3【動画】Netflix、『宇宙家族ロビンソン』のリブート版の公開日と初...リンク
  • 4【独占記事】ジェシカ・チャステイン、映画『IT/イット “それ”が見え...リンク
  • 5J・K・ローリング、映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』...リンク