2017/6/3 08:00

【動画】映画『パディントン』続編、パディントンがファースト・トレーラーで窓ふきに挑戦

映画『パディントン』の主人公パディントンが、続編となる映画のファースト・トレーラーで、おなじみのドタバタぶりで成功しているとはいえない窓ふき係として戻ってきた。

善良なパディントンは、掃除用の重たいバケツをはしごの上に運ぶ仕事で自分の頭の上に水をぶちまけてしまう。また、警官が地元の住民に「屋根の上にクマがいますよ?」と尋ねるシーンも見られる。

映画『Paddington 2(原題)』には、ヒュー・グラント、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ピーター・キャパルディ、マデリーン・ハリス、ブレンダン・グリーソンが出演する。パディントンとルーシー叔母さんの声優を務めるベン・ウィショーとイメルダ・スタウントンも同役で再出演する。

映画『パディントン』は2014年末に公開され、米国内での7620万ドルと英国内での5950万ドルを含めた全世界での興行総収入2億7000万ドルを記録した。ペルー出身でマーマレードを愛し、言葉を話す誰からも愛されているパディントンは、1958年にスタートしたマイケル・ボンド原作の児童小説シリーズをもとにしている。

『Paddington 2(原題)』は、ブラウン一家に落ち着き地元の人気者となったパディントンが、ルーシー叔母さんの100歳の誕生日に完璧なプレゼントを買うために一連の雑用仕事に挑む姿を描く。贈り物が盗まれてしまい、パディントンと家族は盗人を見つけようと試みる。

同作は、ヘイデイ・フィルムズとスタジオカナルの共同製作で、デヴィッド・ハイマンがプロデュースを手掛ける。ポール・キングが、サイモン・ファーナビーと共同執筆した脚本をもとに再び監督を務める。同作をイギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドで配給するスタジオカナルがすべての出資を行う。

『Paddington 2(原題)』は、ワインスタイン・カンパニーにより2018年1月12日に米劇場公開となる。トレーラーは以下。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1シャキール・オニールとリル・レル・ハウリー、バスケットボールの映画『U...リンク
  • 2映画『オクジャ』の監督は劇場公開を切望するも、Netflixの決定は尊...リンク
  • 3映画芸術科学アカデミー、さらなる多様性を求めて683名の新規会員を迎え...リンク
  • 4今知っておくべき国際的スター、英国人女優ヴァネッサ・カービーリンク
  • 5【動画】映画『Flatliners(原題)』、エレン・ペイジ、ディエゴ...リンク