2017/5/29 16:30

ブレイク・ライヴリー、リアン・モリアーティ原作のスリラー映画『The Husband’s Secret(原題)』に主演

ブレイク・ライヴリーが、CBSフィルムズによるスリラー映画『The Husband’s Secret(原題)』に主演する。

ライヴリーは本作のエグゼクティブ・プロデュースも手掛ける。デプス・オブ・フィールド・プロダクション・カンパニーを通じて、クリス・ワイツ、ポール・ワイツ、そしてアンドリュー・ミアノらがプロデュースする。

『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』の著者であるリアン・モリアーティによる小説が原作。妻であり、母でもある慢性的な完璧主義者は、意図せずして、彼女の夫が何年にもわたって隠している秘密を発見する。彼女は、自分の人生が実は嘘と殺人のうえに構築されていることを知る。

CBSフィルムズのテリー・プレス社長は、「リアン・モリアーティは、現代女性の代弁者として地位を確立しています。ブレイク・ライヴリーが持つ強さと弱さ、そして素晴らしい才能とのユニークなコンビネーションは、彼女をモリアーティの世界を映像化するための完璧な女優にしてくれるでしょう」とコメントしている。

小説はエイミー・アインホーン・ブックスによって2013年に出版され、すぐにニューヨーク・タイムスのベストセラー・リストのナンバーワンにのぼりつめた。

ライヴリーはウディ・アレン監督の映画『カフェ・ソサエティ』や、トロント国際映画祭でプレミア上映された映画『All I See is You(原題)』、そして映画『ロスト・バケーション』に出演した。『ロスト・バケーション』は、1700万ドルの製作費に対して、世界興行収入1億1900万ドルという驚きのヒットを飛ばした。

ライヴリーはWME、マネージメント360、そしてジャコウェイ・タイアーマン・ヴェルテマー・オーステン・マンデルバウム・モリス&クレインを代理人としている。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1シャキール・オニールとリル・レル・ハウリー、バスケットボールの映画『U...リンク
  • 2映画『オクジャ』の監督は劇場公開を切望するも、Netflixの決定は尊...リンク
  • 3映画芸術科学アカデミー、さらなる多様性を求めて683名の新規会員を迎え...リンク
  • 4今知っておくべき国際的スター、英国人女優ヴァネッサ・カービーリンク
  • 5【動画】映画『Flatliners(原題)』、エレン・ペイジ、ディエゴ...リンク