2017/5/22 08:00

【動画】米CBSオールアクセスによるテレビシリーズ『スター・トレック:ディスカバリー』、ファースト・トレーラーが公開

5月17日(現地時間)米CBSは、米CBSオールアクセスによるテレビシリーズ『スター・トレック:ディスカバリー』の待望のデビューを見越して、ニューヨークで行われたアップフロント・プレゼンテーションで同シリーズのファースト・トレーラーを公開した。

トレーラーは、ソネクア・マーティン=グリーンとミシェル・ヨーが登場する最新の場面写真が発表された翌日に公開された。サレク(ジェームズ・フレイン)との会話から明らかなように、トレーラーには、バルカン人に育てられたと思われるマーティン=グリーン演じるディスカバリー号の一等航海士の姿が初登場する。ディスカバリー号は惑星連邦の端にある未知物体を横断し、それがクリゴン帝国との紛争につながっていく。米CBSは、同シリーズのシーズン1が13話ではなく15話構成になり、さらに本編放送後のトーク番組のタイトルが『トーキング・トレック』となることも明らかにした。

米CBSのアップフロント・プレゼンテーションで公開された『スター・トレック:ディスカバリー』のファースト・トレーラーは、毎週火曜日のコンテストで発表を行う米ABCの人気テレビ番組『アメリカン・アイドル』や、予告なしにオリジナルキャストが登場する米NBCのテレビシリーズ『ふたりは友達? ウィル&グレイス』のように、人気がある象徴的な番組で広告主を引き付ける戦略のひとつだ。

スター・トレックの正確な形式や、発見についてのあらすじ、その他の詳細はまだ明らかにされていない。

『スター・トレック:ディスカバリー』は、テレビシリーズ『ウォーキング・デッド』のサシャ役で知られているマーティン=グリーンが主役の海軍少佐役を演じ、スポックの父サレク役をフレイン、宇宙の菌類専門家をアンソニー・ラップ、シンシュウ号の船長役にミシェル・ヨー、ディスカバリー号の船長役にジェイソン・アイザックス、スター・フリートの高官アンダーソン提督役にテリー・セルピコ、シンシュウ号の船医ドクター・ナンブー役にモーリク・パンチョリー、スターフリート・アカデミーを卒業したばかりの新任士官コナー少尉役にサム・バーソロメオス、テレビシリーズ『ザ・オフィス』に出演したレイン・ウィルソンがハリー・マッド役を演じる。その他に、シャザド・ラティフ、レカ・シャーマ、ケネス・ミッチェル、クレア・マコーネル、デモン・ルニャンが出演する。

『スター・トレック:ディスカバリー』は、製作陣営の混乱により放送が繰り返し延期された。同シリーズは今年1月に開始する予定だったが、製作の遅れやエグゼクティブ・プロデューサーを務めるブライアン・フラーがショーランナー(番組総責任者)を辞退するなどの理由で開発が遅れた。

『スター・トレック:ディスカバリー』は、今秋に初放送開始する。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1シャキール・オニールとリル・レル・ハウリー、バスケットボールの映画『U...リンク
  • 2映画『オクジャ』の監督は劇場公開を切望するも、Netflixの決定は尊...リンク
  • 3映画芸術科学アカデミー、さらなる多様性を求めて683名の新規会員を迎え...リンク
  • 4今知っておくべき国際的スター、英国人女優ヴァネッサ・カービーリンク
  • 5【動画】映画『Flatliners(原題)』、エレン・ペイジ、ディエゴ...リンク