2017/5/20 16:15

ロビン・ライト、映画『ワンダーウーマン』について「これは愛と正義の物語」と語る

公開を控えるコミック原作の大型映画『ワンダーウーマン』は、女性主人公を描く数少ないスーパーヒーロー物の1本になるかもしれないが、ロビン・ライトは、同作には「女性の権利向上を描く以上のものがある」と主張する。

本誌Varietyとケリング社が5月18日にカンヌ国際映画祭で開催したWomen in Motionトークにおいて、ライトはラミン・セトーデーに対し「これは愛と正義の物語です」と述べた。「本作の本質はそれです。子供たちに対する素晴らしいメッセージです」とも語った。

ライトは公開を控える実写映画『ワンダーウーマン』で、主人公の叔母であるアンティオペ将軍を演じる。プリンセス・ダイアナの象徴的なXポーズを取りながら、「すごく格好いい。クールですよ」と興奮気味に話した。

ライトは、本作が次の世代に与える重要性にも触れた。「私たちの未来を作る若い女の子や若い男の子が、映画館に押し寄せるでしょう」(ライト)。

DCコミックスが手掛けるこのスーパーヒーロー映画には、ワンダーウーマン役でガル・ガドットが、スティーヴ・トレヴァー役でクリス・パインが出演し、6月2日に米劇場公開を迎える。

映像は下記から。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1『スーパーガール』のメリッサ・ブノワ、クライスバーグのセクハラ行為に「...リンク
  • 2ウディ・アレンの性的暴行疑惑について、養女がインタビューで真実を語るリンク
  • 3映画『Creed2(原題)』、フローリアン・ムンテアヌがドラゴの息子役...リンク
  • 4テレビシリーズ『ウォーキング・デッド』のノーマン・リーダス、「ダリルを...リンク
  • 5【独占記事】リドリー・スコット、ディズニーの映画『Merlin Sag...リンク