2017/5/19 08:51

【独占記事】映画『ドラッグ・ウォー 毒戦』のリメイク版、映画『フライト・ゲーム』の脚本家が手掛ける

スタジオカナル、ザ・ピクチャー・カンパニー、オンブラ・フィルムズがジョニー・トー監督の中国犯罪スリラー映画『ドラッグ・ウォー 毒戦』の英語版リメイク作品を開発中だ。

ザ・ピクチャー・カンパニーのアンドリュー・ローナとアレックス・ハインマンがオンブラ・フィルムズのフアン・ソラとジャウマ・コレット=セラと共にプロデュースする。ヴァーティゴ・エンターテイメントのロイ・リーがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。監督はまだ決まっていない。

リーアム・ニーソン主演の2014年のアクション・スリラー映画『フライト・ゲーム』の脚本を手掛けたライアン・イングルが同作の脚本を手掛ける。『フライト・ゲーム』はスタジカナルとザ・ピクチャー・カンパニーがプロデュースし、コレット=セラが監督を務めた。イングルは、現在製作中のドウェイン・ジョンソン主演のニューラインによるアクション・ファンタジー映画『Rampage(原題)』の脚本を執筆した。

『ドラッグ・ウォー 毒戦』は、警察の捜査で逮捕されたマヌケな売人が、入所を逃れるために情報提供者となる。そして、密告者から重要なスパイとなる悲惨な旅を描く。オリジナル版はトーが監督を務め、スン・ホンレイが警部、ルイス・クーが逮捕された男を演じた。

『ドラッグ・ウォー 毒戦』は2012年のローマ国際映画祭で公開した。また、2014年の中国映画メディア大賞で作品賞を受賞した。

フレデリック・ツイがメディア・アジアと契約を取りまとめ、また北京ハイルン・ピクチャーズの代理人を担っている。ロン・ハルパーンとシャナ・エディーがスタジオカナルの監修を担う。

イングルは、オリジナル・アーティスツ、モザイクのマイケル・ラスカー、マックイン・フランケル・ホワイトヘッドと代理人契約を結んでいる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1シャーリーズ・セロン、映画『アトミック・ブロンド』を映画『ワンダーウー...リンク
  • 2世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 3ニコラス・ホルト、作家 J・R・R・トールキンの伝記映画に出演交渉中リンク
  • 4ダニエル・クレイグの復帰が噂される『007』シリーズの最新作、ヤン・ド...リンク
  • 5『日本のいちばん長い日』原田眞人監督が“アカデミー賞”にかける想いリンク