2017/5/23 15:00

日本のCCCグループと中国の中信出版事業団が資本業務提携

コンテンツ制作において、技術力の吸収力が凄まじい中国は日本のライバルとして捉えられていたが、最近では日本と中国のコラボレーション作品も次々と生まれ、企業同士の結びつきも強くなってきている。

5月11日、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下「CCC」)グループは、中国の大手企業グループ中信集団(以下「CTIC」)の出版子会社である中信出版集団股份有限公司(以下「中信出版」)と日本と中国の文化交流活性化を目的に、資本業務提携に合意したことを明かした。

CCCグループは1983年に設立、レンタルCD・DVD最大手チェーンの「TSUTAYA」をはじめ、複合的商業施設「蔦屋書店」「蔦屋家電」の展開のほか、全国約3万店舗と提携するポイントカード事業を運営。出版・映像・音楽の企画制作などのエンターテイメント事業にも力を入れており、日本有数のSPA事業(※)を行う会社だ。今年の1月には台北市に海外展開1号店をオープン、3年で5店舗の開業を目指している。

また、CCCグループ内で、出版・映像・音楽の企画制作などのエンターテイメント事業を展開するカルチュア・エンタテインメントと中信出版は2017年の7月に、日本と中国の両国においての書籍の出版・発行、著作権のライセンスビジネス、運営事業を行う合弁会社「中信出版日本株式会社」を設立予定。

さらに、双方は中国大陸地区においての提携内容を積極的に協議。今後は中国での文化商材の企画や販売だけでなく、TSUTAYAや蔦屋書店で培ったノウハウを強みに、中国大陸地区での出店の協業も目指している。

※SPA事業…素材調達から企画・製造、店舗での販売までの全工程を一貫して手がける事業形態のこと。

Image:OPOLJA/Shutterstock.com


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1シャキール・オニールとリル・レル・ハウリー、バスケットボールの映画『U...リンク
  • 2映画『オクジャ』の監督は劇場公開を切望するも、Netflixの決定は尊...リンク
  • 3映画芸術科学アカデミー、さらなる多様性を求めて683名の新規会員を迎え...リンク
  • 4今知っておくべき国際的スター、英国人女優ヴァネッサ・カービーリンク
  • 5【動画】映画『Flatliners(原題)』、エレン・ペイジ、ディエゴ...リンク