2017/5/15 11:44

ジュリア・ロバーツ、シンシア・スワンソン原作『The Bookseller』の映画版に出演へ

クリスタル・シティ・エンターテイメントによる映画版『The Bookseller(原題)』で、ジュリア・ロバーツがスクリーンに帰ってくる。5月11日(現地時間)に発表された情報によると、同プロダクションはシンシア・スワンソンの恋愛小説『The Bookseller(原題)』の映画化権を獲得し、ジュリアは主演とプロデュースを務める。

『The Bookseller(原題)』の舞台は60年代。主人公のキティー・ミラーは親友のフリーダと書店を営み、結婚して母親になることを夢見ている。スワンソンのデビュー小説である同作は、2015年3月にハーパー・コリンズから出版されると瞬く間にニューヨーク・タイムズのベストセラーにリストされた。

ロバーツはレッド・OM・フィルムズのパートナー、リサ・ギラン、マリサ・エレス・ギルと並んで同作をプロデュースする。クリスタル・シティ・エンターテイメントのジョナサン・ルーベンシュタイン、アリ・ピンショーもプロデューサーに名を連ねる。現時点では脚本家は決まっていない。

アカデミー賞女優であるロバーツは、2016年公開の映画『マザーズ・デイ』、映画『マネーモンスター』に出演し、現在公開中の映画『Smurfs: The Lost Village(原題)』に声優として出演している。

CAAはロバーツとスワンソンの代理人を務めており、同作の国内配給権を管理している。ロバーツはさらに、エンゲルマン&カンパニー、ハーシュ・ウォーラーシュタイン・ハムム・マトローフ・フィッシュマンと代理人契約を結んでいる。スワンソンは、アインシュタイン・リテラリー・マネジメントのスザンナ・アインシュタインを代理人としている。GS2Lawのロブ・ギャルソンが、クリスタル・シティ・エンターテイメントを代表して契約をまとめた。


タグ:
  • 元記事著者:JD Knapp
  • 翻訳者:Yuka Ueki
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1リース・ウィザースプーン、16歳の時に監督から性的暴行を受けたと言明リンク
  • 2ビョーク、映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』でセクハラを受けたと主張、...リンク
  • 3映画『スター・ウォーズ』シリーズ:ハン・ソロを描く単独作映画でドナルド...リンク
  • 4【動画】テレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7のトレーラ...リンク
  • 5第88回アカデミー賞ノミネート予想:脚本賞リンク