2017/5/9 18:55

ローマ教皇が出演する映画『Beyond The Sun(原題)』、カンヌ国際映画祭へ

AMBIピクチャーズは、ローマ教皇フランシスコが本人役で出演する映画『Beyond the Sun(原題)』の撮影をアルゼンチンで終え、カンヌ国際映画祭で国際市場に向けたセールスを開始する。

2016年にプロジェクトを発表したAMBIピクチャーズは、同作を「教皇が初めて出演する長編映画」と宣伝した。『Beyond the Sun(原題)』は、グラシエラ・ロドリゲスが監督・脚本を手がけ、エイデン・カミング=タイシャー、コリー・グレイター=アンドリュー、エマ・デューク、カイル・ブライトコプフ、セバスチャン・アレクサンダー・チョーといった子役たちが出演する。

ローマ教皇はAMBIピクチャーズに、子どもたちにイエスのメッセージを伝える映画を開発するよう頼んだという。また教皇は、危険に晒されている子供や助けが必要な子供を援助するための2つの団体、エル・アルメンドロとロス・ホガレス・デ・クリストに同作のすべての収益を寄付する活動を支援するため、映画への出演を望んだ。

AMBIピクチャーズの共同創業者、アンドレア・イェルヴォリーノとレディ・モニカ・バカルディはモンシニョール・エデュアルド・ガルシアの助言を受け、プロデュースを担当する。グラシエラ・ロドリゲスとガブリエル・レイブも共同プロデューサーに名を連ねる。AMBIピクチャーズはレイヴン・キャピタル・マネジメント、パラドックス・スタジオと共同で、映画への出資を行っている。

『Beyond the Sun(原題)』は、ロサンゼルスに拠点を置くAMBIピクチャーズの国際販売部門、AMBIディストリビューションを通じてカンヌ国際映画祭に出品される。映画祭は5月17日に始まる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2【独占記事】クリント・イーストウッド監督、映画『The 15:17 t...リンク
  • 3映画『ワンダーウーマン』や映画『美女と野獣』はなぜ女性を中心とする映画...リンク
  • 4【写真】映画『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』ニュ...リンク
  • 5『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6、初の場面写真が公開され生存者と...リンク