2017/5/2 11:44

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』のソフィア・ブテラ、『Hotel Artemis(原題)』でジョディ・フォスターとの共演に向けて交渉中

米ユニバーサル・ピクチャーズの映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』で名ばかりのモンスターとして大災害をもたらすソフィア・ブテラが、ドリュー・ピアース監督による映画『Hotel Artemis(原題)』で、ジョディ・フォスターと共演するための交渉に入った。

サイモンおよびスティーヴン・コーンウェルが、作品に出資するザ・インク・ファクトリーを通じてプロデュースする。映画『アイアンマン3』と映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の脚本を手掛けたピアースが、自身の脚本で監督する。物語のあらすじは明かされていない。

また、アダム・シーゲルとマーク・プラットは、マーク・プラット・プロダクションズを通じてプロデュースを手掛ける。ピアースは、彼のポイント・オブ・ノーリターン・プロダクションを通じて、エグゼクティブ・プロデューサーも兼務する。

来月のカンヌ国際映画祭にて、世界市場に向けたセールスを開始する。

ブテラは、米20世紀FOXが製作した映画『キングスマン』で、サミュエル・L・ジャクソンの忠実な部下役でブレイクして以来、出演機会が増えている。このアルジェリア人女優は昨夏に公開した映画『スター・トレック BEYOND』にも出演し、ユニバーサルが手掛けた7月公開のリブート作品『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』では、この老舗のホラー・シリーズにおいて初めてモンスターを演じる女性となる。

彼女の出演作としては、ほかにシャーリーズ・セロンと共演した、7月公開のスパイ・スリラー映画『Atomic Blonde(原題)』もある。ブテラの代理人は、CAAと42。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界的人気コミック『聖闘士星矢』、日中合作としてハリウッドで実写映画化...リンク
  • 2M・ナイト・シャマラン、映画『スプリット』と映画『アンブレイカブル』の...リンク
  • 3エリザベス・バンクスが手掛けるリブート版映画『チャーリーズ・エンジェル...リンク
  • 4【独占記事】ジョシュ・ブローリンとマイルズ・テラー、消防士を描くアクシ...リンク
  • 5【動画】Netflix、ブラッド・ピット主演の映画『ウォー・マシーン:...リンク