2017/4/18 08:00

キャリー・フィッシャー、映画『スター・ウォーズ』エピソード9への出演はないことが明らかに

最終的に、キャリー・フィッシャーは映画『スター・ウォーズ』エピソード9には登場しないようだ。

4月14日(現地時間)にオーランドで開催されたスター・ウォーズ・セレブレーションで、ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディは、米ABCニュースのインタビューでそのことを明かした。

ケネディは、「悲しいことですが、キャリーはエピソード9には登場しません」と語り、「しかし、私たちはエピソード8でキャリーのたくさんのシーンを見ることができます。とても素晴らしいことです」と、続けた。

キャリー・フィッシャーの弟でデビー・レイノルズの息子である俳優のトッド・フィッシャーは、自身の姉がエピソード9に登場すると語っていた。

ケネディは、「私たちがエピソード8で全てを終えたので、(トッド・フィッシャーは)恐らく混乱したのでしょう。映画の中のキャリーは本当に素晴らしい。2016年の夏に撮影を終えることができて良かった。残念ながらキャリーはこの世を去ってしまいましたが」と、語った。

様々なメディアでトッド・フィッシャーは、米ウォルト・ディズニーとルーカスフィルムが、映画『Star Wars: Episode IX(原題)』でキャリーの撮影シーンを使用する許可を得ていると語った。これについてケネディは、「キャリーが亡くなった時点では、私たちはエピソード9を思案している最中で脚本は書き終えていませんでした。しかし、再編成して1月に再び着手し始めたのです」と、語った。

コリン・トレヴォロウが監督する『Star Wars: Episode IX(原題)』は、2019年5月23日に米劇場公開を予定している。脚本は、トレヴォロウ監督と映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を監督したライアン・ジョンソンが執筆した。

キャリー・フィッシャーは、2016年12月に60歳でこの世を去った。キャリーは、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で同シリーズに再び出演し、続編である『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にも出演する。

映画『スターウォーズ』シリーズ40周年を祝して開催されたスター・ウォーズ・セレブレーションのオープニング・パネルで、キャリー・フィッシャーは、『スター・ウォーズ』ファミリーや、娘のビリー・ラードに称えられた。またマーク・ハミルも、彼女のために捧げられたイベントでキャリーを偲んだ。

米テレビ局ABCの番組『グッドモーニングアメリカ』のツイッターは、ケネディのインタビューの一部をツイートした。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1イ・チャンドン監督、村上春樹の小説『納屋を焼く』の映画版を監督へリンク
  • 2マーク・ハミル、「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」の星に名を刻む...リンク
  • 3【動画】Netflix、『宇宙家族ロビンソン』のリブート版の公開日と初...リンク
  • 4全世界で戦える日本発CGアニメーション作品とは、エミー賞受賞CGプロダ...リンク
  • 5【独占記事】マット・デイモン、ヤギの睾丸で大金を稼いだニセ医師を演じる...リンク