2017/4/14 13:30

【写真】スター・ウォーズ・セレブレーション2017:シリーズ生誕40周年を記念したパネルトークが開催

  • 『スター・ウォーズ』40周年記念パネル

    『スター・ウォーズ』のファン公式イベント、スター・ウォーズ・セレブレーション2017の初日にシリーズ生誕40周年を記念したパネルが開催され、ハリソン・フォード、キャスリーン・ケネディ、ジョージ・ルーカス、ビリー・ロード、マーク・ハミルがカメラの前でポーズをとった。ルーカスとケネディは故キャリー・フィッシャーに哀悼の意を捧げ、フィッシャーの娘であるロードはレイア姫を連想させる純白のドレスで登場して母との思い出を語った。

  • マーク・ハミル、ハリソン・フォード、ジョージ・ルーカス

    サプライズ登場で会場のファンを驚かせたハリソン・フォードは、パイロットとしての実績に関するジョークを飛ばして話題をさらった。パネルの中でルーカスは、ハン・ソロ役のオーディションを受けるフォードに対して、飛行は得意かと尋ねたことを明かした。「飛べるかって?」と、フォードは答えた。続けて、「もちろん…でも着陸は?」と言うと、観客から笑い声が上がった。

  • ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクディアミッド

    ヘイデン・クリステンセン(アナキン・スカイウォーカー)と、イアン・マクディアミッド(パルパティーン/ダース・シディアス)は、彼らの体験を振り返った。クリステンセンは、戦闘シーンにおいてライトセーバーの音を口で真似るのを止めるようにジョージ・ルーカスに言われたことを思い出すと、マクディアミッドは、その音が上手だと褒めていたことを明かした。

  • ジョージ・ルーカス、ジョン・ウィリアムズ、キャスリーン・ケネディ

    パネルの最後には、弦楽器のサプライズ演出に続いて幕が上がり、伝説的な作曲家であり指揮者のジョン・ウィリアムズとオーランド交響楽団が登場した。彼らは『レイア姫のテーマ』を含む『スター・ウォーズ』メドレーを披露した。ジョージ・ルーカスとキャスリーン・ケネディが加わると、観客は万雷の拍手で迎えた。

  • ワーウィック・デイヴィス

    イウォーク族のウィケットとして知られるワーウィック・デイヴィスは、オープニングパネルの司会を務めた。途中、ハリソン・フォードのサプライズ出演の際にジョークを飛ばした。彼は、「小型機で会場に来た割には、君の出演をここまで秘密に出来たなんて信じられないよ」と、語った。

  • ヘイデン・クリステンセン、マーク・ハミル

    ヘイデン・クリステンセンとマーク・ハミルは、40周年記念パネルに登場することが発表されていた。しかし、イベントが進行するにつれて、観客はハリソン・フォードやジョージ・ルーカスといったサプライズゲストの登場に酔いしれることとなった。

  • ジョージ・ルーカス

    ジョージ・ルーカスは自身の作品を振り返った。「12歳の子どもたちのための映画だった」と、1作目について語ると、作品の大ファンである観客たちは歓声を上げた。ルーカスはさらに、シリーズをテレビに持ち込みたかった理由を明かした。彼は、「この作品は実験用の大釜だった」と語り、大規模な予算を投じた映画と比べ、テレビシリーズははるかに少ない期待とプレッシャーの中で制作できることを説明した。

  • マーク・ハミル

    マーク・ハミルはパネルの中で、1作目で初めてルーク・スカイウォーカーを演じて以来、ずっと応援してくれたことに対してファンに感謝の言葉を述べた。「彼らは家族以上に支えとなってくれました」と、彼は笑顔を見せた。

  • ハリソン・フォード、ピーター・メイヒュー、マーク・ハミル

    チューバッカ役のピーター・メイヒューは、彼とチューバッカの間に身長を含めた多くの共通点があるとジョークを飛ばした。その後、彼はキャリー・フィッシャーを偲んだ。「彼女は反逆者だったが、美しいプリンセスでもあった」と、彼は語った。

Image: Courtesy of Disney


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ダン・スティーヴンス、トライベッカ映画祭で映画『Permission(...リンク
  • 2【動画】映画『Morgan(原題)』、ケイト・マーラが危険な人工生命体...リンク
  • 3マドンナの人生を描く映画『Blonde Ambition(原題)』を米...リンク
  • 4【動画】テレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7のトレーラ...リンク
  • 5『スター・ウォーズ』の全世界興収が『アベンジャーズ』『ワイルド・スピー...リンク