2017/3/30 12:26

【動画】映画『A Ghost Story(原題)』、ルーニー・マーラがケイシー・アフレックの記憶に取りつかれるトレーラーが公開

A24が、ルーニー・マーラとケイシーアフレック主演の超常現象ドラマ映画『A Ghost Story(原題)』の薄ぼんやりとしているがホラーではないトレーラーを、7月7日の米劇場公開に先立ち公開した。

トレーラーでは、夫の死という悲劇に心をかき乱されるマーラと、ベッドシーツを被り妻の周りを彷徨う幽霊となったアフレックの姿が見られる。

マーラは、「小さかった頃、いつも引っ越しばかりしていた」「私はそのことをノートに書いて小さく折り畳んで隠したの」と、語る。

「何と書いたの?」と、アフレックは尋ねる。

「それらは私が覚えておきたいことだったから、もし私が戻りたいと思ったら、私の一部が待ってくれているの」と、マーラは答える。

『A Ghost Story(原題)』は、1月に行われたサンダンス国際映画祭でプレミア上映された。撮影の大部分はテキサスの一軒家で行われ、アフレック演じるキャラクターは、自動車事故で亡くなった後はずっとベッドシーツを被っている。映画『ピートとドラゴン』を手掛けたデヴィッド・ローリー監督が同作を監督した。

サンダンス国際映画祭に先立ち、A24は、同作の米国内での権利を獲得した。本紙ヴァラエティのピーター・デブルージは自身のレビューで、「繊細なたゆまぬ精神の描写の中にある、ホラー映画の伝統的表現法」と作品を表現した。

『A Ghost Story(原題)』は、米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントによる大ヒット映画『スパイダーマン:ホームカミング』に対抗する形で公開となる。

トレーラーは以下。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1映画『ソウ』シリーズの8作目、新タイトルが決定リンク
  • 2テレビシリーズ『ダウントン・アビー』の映画版、2018年に製作へリンク
  • 3映画芸術科学アカデミー、さらなる多様性を求めて683名の新規会員を迎え...リンク
  • 4Amazonジャパン、園子温監督のドラマ『東京ヴァンパイアホテル』を配...リンク
  • 5『スター・ウォーズ』新キャストらが来日 J・J・エイブラムス監督が黒澤...リンク