2017/3/25 14:54

エマ・ストーン主演の伝説の女子テニス選手ビリー・ジーン・キングを描いた伝記映画、公開日が決定

  • FOXサーチライト・ピクチャーズは、歴史に残る男女テニス対抗試合を描く伝記映画『Battle of the Sexes(原題)』を、アワードシーズンに合わせて公開することを決定した。物語の主人公である女子テニス選手ビリー・ジーン・キングをエマ・ストーンが演じ、対する往年の男子選手ボビー・リッグスをスティーヴ・カレルが演じる。同作は、9月22日に米劇場公開を予定している。

本紙ヴァラエティは2015年に、ストーンがプロジェクトに起用されたことを初めて報じた。同作は、サイモン・ボーフォイによる脚本をもとに映画『リトル・ミス・サンシャイン』を手掛けたジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファリスが監督を務める。ダニー・ボイルが、製作会社デシベル・フィルムを通して、クリスチャン・コルソンとコルソンの製作会社クラウド・エイトと共にプロデュースを手掛ける。

同作の撮影は、ロサンゼルスで4月に開始する。当時29歳のランキング2位のキングと、元ウィンブルドンチャンピオンの55歳のリッグスが行った1973年の対決は、国民の想像力を搔き立てるものであった。プライベートな部分では、キングは自身のセクシャリティを受け入れようと葛藤し、リッグスは過去の栄光を再現するために自身の名声に懸けていた。

アンドレア・ライズブローが、キングのヘアスタイリストで恋人のマリリン・バーネット役、エリザベス・シューがリッグの妻役、オースティン・ストウェルがキングの夫役、サラ・シルヴァーマンが、ワールド・デニス・マガジンの創刊者グラディス・ヘルドマン役、ナタリー・モラレスがテニス選手ロージー・カザレス役。ジャシカ・マクナミーがテニス選手マーガレット・コート役で同作に出演する。

『Battle of the Sexes(原題)』は、映画『ラ・ラ・ランド』でストーンが第89回アカデミー賞主演女優賞を獲得して以来の出演作となる。

『Battle of the Sexes(原題)』の米劇場公開日には、ライオンズ・ゲートによる山火事を題材としたアクション映画『Granite Mountain(原題)』、米ワーナー・ブラザースによる映画『LEGO(R)ムービー』のスピンオフ・アニメーション映画『Ninjago(原題)』の2つのメジャー作品が同日公開となる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ダン・スティーヴンス、トライベッカ映画祭で映画『Permission(...リンク
  • 2【動画】映画『Morgan(原題)』、ケイト・マーラが危険な人工生命体...リンク
  • 3マドンナの人生を描く映画『Blonde Ambition(原題)』を米...リンク
  • 4【動画】テレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7のトレーラ...リンク
  • 5『スター・ウォーズ』の全世界興収が『アベンジャーズ』『ワイルド・スピー...リンク