2017/3/9 08:50

『トランスフォーマー』のスピンオフ映画『Bumblebee(原題)』の監督に、『Kubo and the Two Strings(原題)』のトラヴィス・ナイトが就任

アニメ製作会社ライカのCEO兼アニメーターのトラヴィス・ナイトは、映画『トランスフォーマー』シリーズのスピンオフ映画『Bumblebee(原題)』の監督に就任し、ストップモーションアニメの世界から実写映画の世界に飛び込む。

ナイト監督にとって本作品は、昨年公開された映画『Kubo and the Two Strings(原題)』に続くものであり、実写映画のデビュー作となる。米パラマウント・ピクチャーズはアニメ作品の経験を持つ監督を探しており、映画『レゴバットマン ザ・ムービー』のクリス・マッケイ監督とも会っていた。スタジオからのコメントはない。

プロットの詳細は不明だが、ストーリーは、マイケル・ベイ監督の『トランスフォーマー』シリーズに登場する人気キャラクターに焦点を当てたものになるようだ。

ベイ、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、ブライアン・ゴールドナー、スティーヴン・デイヴィス、スティーヴン・スピルバーグがプロデュースを手掛ける。2016年に『トランスフォーマー』シリーズのライターズ・ルームに加わったクリスティーナ・ホドソンが脚本を担当する。パラマウントはトランスフォーマー・ユニバースに関わる別の映画のアイデアも開発中だが、シリーズに加わるかどうかは不明だ。

ナイキCEOフィル・ナイトの息子であるナイト監督は、自身の制作会社ライカでアニメ作品の製作に取り組んできた。同スタジオは、『Kubo and the Two Strings(原題)』、映画『パラノーマン ブライス・ホローの謎』、映画『The Boxtrolls(原題)』、映画『コララインとボタンの魔女 3D』など、古典的なストップモーション・アニメを提供してきた。

ナイト監督はCAAと代理人契約を結んでいる。このニュースはDeadline Hollywoodが最初に報じた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ニコラス・ホルト、作家 J・R・R・トールキンの伝記映画に出演交渉中リンク
  • 2世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 3シャーリーズ・セロン、映画『アトミック・ブロンド』を映画『ワンダーウー...リンク
  • 4ライオンズゲート、『ジョン・ウィック』のプロデューサーと女暗殺者の映画...リンク
  • 5ダニエル・クレイグの復帰が噂される『007』シリーズの最新作、ヤン・ド...リンク