2017/3/2 08:00

【動画】ウィル・スミス主演のファンタジー・スリラー映画『Bright(原題)』、ファースト・ティザーが公開

ウィル・スミスが刑事役で戻って来る。

第89回アカデミー賞が開催された2月26日(現地時間)、Netflixは、これから公開を控えるオリジナル映画『Bright(原題)』のファースト・ティザーを公開した。スミスは、誰もが追い求める魔法の杖を守るためにジョエル・エドガートン演じる怪物オークと手を組むLAPD(ロサンゼルス市警)の刑事役を演じる。同作には、ノオミ・ラパス、エドガー・ラミレス、アイク・バリンホルツ、ケネス・チョイも出演する。

映画『スーサイド・スクワッド』を手掛けたデヴィッド・エアーが監督を務め、マックス・ランディスが脚本を執筆した『Bright(原題)』は、人間が神話のクリーチャーと共存する新世界を舞台とする。Netflixは26日、「ファンタジーは現実の出来事になる」というコメントを添えて、同ティザーをツイートした。

30秒のティザーは、ウディ・ガスリーによるフォークソング『This Land Is Your Land(邦題:この国は君の国)』が流れる中、警察国家に似た街をスミス演じる役がパトカーで巡回するシーンから始まる。続いて、ラパスを含む何人かの空想的な人物の映像が素早く切り替わり、その後、錆びた剣を持つスミスの姿が映し出される。ティザーの最後で、スミス演じる役は、「これは良い形では終わらないと思う」と、語る。

Netflixは、2週間におよぶ入札競争で脚本を300万ドルで落札した後、さらに総額9000万ドルを同プロジェクトに投資した。

同作の撮影は2月初旬に終了しており、12月に米劇場公開を予定している。

動画はこちら。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ニコラス・ホルト、作家 J・R・R・トールキンの伝記映画に出演交渉中リンク
  • 2世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 3シャーリーズ・セロン、映画『アトミック・ブロンド』を映画『ワンダーウー...リンク
  • 4ライオンズゲート、『ジョン・ウィック』のプロデューサーと女暗殺者の映画...リンク
  • 5ダニエル・クレイグの復帰が噂される『007』シリーズの最新作、ヤン・ド...リンク