2015/10/13 08:00

アナ・ケンドリック、トレバー・プロジェクトと共にLGBTの若者に希望を与える

anna-kendrick-power-of-women-trevor-project
アナ・ケンドリックは幸運だ。彼女はメイン州の寛容で偏見のない家庭で育ち、思春期を迎える前から舞台や映画、テレビで常に活動してきた。「そのことを考えると自分はとても恵まれていると思う。私の周りには男女共に多くの同性愛者の友人がいるから」とケンドリックは語る。

この話題は2015年10月6日号の本紙ヴァラエティに最初に掲載された。

トレバー・プロジェクトの支援が必要な場所では、全ての人がそこまでラッキーなわけではない。同プロジェクトは、1998年に、ランディ・ストーン、ペギー・ラジェスキー、脚本家で俳優のジェームス・レセインによるアカデミー賞受賞の短編映画『Trevor(原題)』のチームが設立した非営利団体組織で、LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア)の若者が危機的な状況に陥った際の緊急援助や、自殺防止活動に取り組んでいる。

kendrick-power-of-women-variety-cover
最近のLGBTQコミュニティの躍進にも関わらず、米国内ではトレバー・プロジェクトに批判的な地域が依然として存在する、とケンドリックは語る。

もっと見る:グウィネス・パルトロー、最も必要としている人々に正しく新鮮な食べ物を届けることを目指す(英文)

実際に、2016年の米大統領選が同性愛者の権利を巡り白熱する中で、トレバー・プロジェクトの活動はかつてない重要なものになっている。「LGBTQへの嫌悪を表すことで政治的な力を得ようとすることが許されているのは、問題だと思う」とケンドリックは語る。

ケンドリックは、「とにかくトレバー・プロジェクトの活動が必要不可欠だと思った」「数年前、友人から、同性愛者の権利を重要だと思っていることが嬉しい、と言われたことを覚えている。同性愛者の権利を守るために活動することが人々から特別で勇敢だと思われるのだ、とその時はじめて分かった」「私は、同性愛者の権利は人間としての基本的な権利だと思っている」と続けた。

多種多様なものが混ざったことがクールでなければ成り立たない映画『ピッチ・パーフェクト』シリーズの主演女優であるケンドリックは、次のように言及する。「若い世代の間で興味深いことが起こっている。私が作品で演じているボーカル役のソーシャル・メディア上のファンの多くは、若い同性愛者の女の子なの。みんなよりオープンになってきて、流れは変わっているように見える。でも、同性愛者の権利に対する反対派はそれ以上に痛烈な意見を声高に主張している」

トレバー・プロジェクトのような機関は、10代の若者たちに希望はあるということを働きかけている。

anna-kendrick-power-of-women-variety-trevor-project


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1映画『X-MEN』シリーズのスピンオフ映画『Gambit(原題)』、2...リンク
  • 2M・ナイト・シャマラン、映画『スプリット』と映画『アンブレイカブル』の...リンク
  • 3Amazonプライムビデオで30日以内に見られなくなるお勧め映画。【前...リンク
  • 4DCコミックス『ジャスティス・リーグ』のテレビアニメ版、声優にマーク・...リンク
  • 5映画『ダンケルク』のアナイリン・バーナード、映画版『ゴールドフィンチ』...リンク