2017/2/17 15:00

ジャック・ブラック、ガス・ヴァン・サント監督のジョン・キャラハン伝記映画に出演交渉中

ジャック・ブラックが、ガス・ヴァン・サントが監督を務める四肢麻痺の漫画家ジョン・キャラハンの伝記映画『Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot(原題)』に主演するホアキン・フェニックスと共演する交渉中だ。

アイコノクラストとアノニマス・コンテントがプロデュースを手掛ける同作は、映画と同名タイトルのキャラハンの自叙伝をもとにしている。同作のタイトルは、キャラハンがしばしばタブーとされるトピックを扱った風刺画の1つから名付けられた。

キャラハンは、21歳の時に交通事故で四肢麻痺になり、治療として両手でペンをつかんで絵を描くようになった。キャラハンは、2010年に59歳で亡くなった。

シャルル=マリー・アントニオーズ、モーラ・ベルケダール、ニコラ・レルミットがアイコノクラストでのプロデュースを手掛け、スティーヴ・ゴリンがアノニマス・コンテントでのプロデュースを手掛ける。

ジョナ・ヒルとルーニー・マーラも同作に出演交渉中だ。フェニックスが、キャラハン役を主演する。

ブラックは最近、1月にサンダンス映画祭で公開された映画『The Polka King(原題)』に主演した。同作には、ジェニー・スレイトとジェイソン・シュワルツマンも出演している。

ブラックは次回作として、12月22日に米劇場公開する米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントによるリブート版映画『ジュマンジ』にドウェイン・ジョンソンの相手役で出演する。ブラックは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)、スローン、オファー、ウェバー&ダーンと代理人契約を結んでいる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ロバート・ダウニー・Jr、ドリトル先生を演じるリンク
  • 2【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 3実写映画版『ムーラン』、歌を中心とする作品にはならないと監督が発言リンク
  • 4映画『SING/シング』続編、2020年のクリスマスに公開決定リンク
  • 5映画『美女と野獣』、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う主題歌...リンク